ヨハネの第三の手紙

長老のわたしから、真実に愛している親愛なるガイオへ。1

愛する者よ。あなたのたましいがいつも恵まれていると同じく、あなたがすべてのことに恵まれ、またすこやかであるようにと、わたしは祈っている。2

兄弟たちがきて、あなたが真理に生きていることを、あかししてくれたので、ひじょうに喜んでいる。事実、あなたは真理のうちを歩いているのである。3

わたしの子供たちが真理のうちを歩いていることを聞く以上に、大きい喜びはない。4

愛する者よ。あなたが、兄弟たち、しかも旅先にある者につくしていることは、みな真実なわざである。5

彼らは、諸教会で、あなたの愛についてあかしをした。それらの人々を、神のみこころにかなうように送り出してくれたら、それは願わしいことである。6

彼らは、御名のために旅立った者であって、異邦人からは何も受けていない。7

それだから、わたしたちは、真理のための同労者となるように、こういう人々を助けねばならない。8

わたしは少しばかり教会に書きおくっておいたが、みんなのかしらになりたがっているデオテレペスが、わたしたちを受けいれてくれない。9

だから、わたしがそちらへ行った時、彼のしわざを指摘しようと思う。

彼は口ぎたなくわたしたちをののしり、そればかりか、兄弟たちを受けいれようともせず、受けいれようとする人たちを妨げて、教会から追い出している。10

愛する者よ。悪にならわないで、善にならいなさい。

善を行う者は神から出た者であり、悪を行う者は神を見たことのない者である。11

デメテリオについては、あらゆる人も、また真理そのものも、証明している。

わたしたちも証明している。

そして、あなたが知っているとおり、わたしたちの証明は真実である。12

あなたに書きおくりたいことはたくさんあるが、墨と筆とで書くことはすまい。13

すぐにでもあなたに会って、直接はなし合いたいものである。14

平安が、あなたにあるように。友人たちから、あなたによろしく。友人たちひとりびとりに、よろしく。15