ヨナ書

第1章

主の言葉がアミッタイの子ヨナに臨んで言った、1

「立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってきたからである」。2

しかしヨナは主の前を離れてタルシシへのがれようと、立ってヨッパに下って行った。

ところがちょうど、タルシシへ行く船があったので、船賃を払い、主の前を離れて、人々と共にタルシシへ行こうと船に乗った。3

時に、主は大風を海の上に起されたので、船が破れるほどの激しい暴風が海の上にあった。4

それで水夫たちは恐れて、めいめい自分の神を呼び求め、また船を軽くするため、その中の積み荷を海に投げ捨てた。

しかし、ヨナは船の奥に下り、伏して熟睡していた。5

そこで船長は来て、彼に言った、

「あなたはどうして眠っているのか。起きて、あなたの神に呼ばわりなさい。神があるいは、われわれを顧みて、助けてくださるだろう」。6

やがて人々は互に言った、

「この災がわれわれに臨んだのは、だれのせいか知るために、さあ、くじを引いてみよう」。

そして彼らが、くじを引いたところ、くじはヨナに当った。7

そこで人々はヨナに言った、

「この災がだれのせいで、われわれに臨んだのか、われわれに告げなさい。あなたの職業は何か。あなたはどこから来たのか。あなたの国はどこか。あなたはどこの民か」。8

ヨナは彼らに言った、

「わたしはヘブルびとです。わたしは海と陸とをお造りになった天の神、主を恐れる者です」。9

そこで人々ははなはだしく恐れて、彼に言った、

「あなたはなんたる事をしてくれたのか」。

人々は彼がさきに彼らに告げた事によって、彼が主の前を離れて、のがれようとしていた事を知っていたからである。10

人々は彼に言った、

「われわれのために海が静まるには、あなたをどうしたらよかろうか」。

それは海がますます荒れてきたからである。11

ヨナは彼らに言った、

「わたしを取って海に投げ入れなさい。そうしたら海は、あなたがたのために静まるでしょう。わたしにはよくわかっています。この激しい暴風があなたがたに臨んだのは、わたしのせいです」。12

しかし人々は船を陸にこぎもどそうとつとめたが、成功しなかった。

それは海が彼らに逆らって、いよいよ荒れたからである。13

そこで人々は主に呼ばわって言った、

「主よ、どうぞ、この人の生命のために、われわれを滅ぼさないでください。また罪なき血を、われわれに帰しないでください。主よ、これはみ心に従って、なされた事だからです」。14

そして彼らはヨナを取って海に投げ入れた。

すると海の荒れるのがやんだ。15

そこで人々は大いに主を恐れ、犠牲を主にささげて、誓願を立てた。16

主は大いなる魚を備えて、ヨナをのませられた。

ヨナは三日三夜その魚の腹の中にいた。17

第2章

ヨナは魚の腹の中からその神、主に祈って、1言った、

「わたしは悩みのうちから主に呼ばわると、主はわたしに答えられた。

わたしが陰府の腹の中から叫ぶと、あなたはわたしの声を聞かれた。2

あなたはわたしを淵の中、海のまん中に投げ入れられた。

大水はわたしをめぐり、あなたの波と大波は皆、わたしの上を越えて行った。3

わたしは言った、『わたしはあなたの前から追われてしまった、どうして再びあなたの聖なる宮を望みえようか』。4

水がわたしをめぐって魂にまでおよび、淵はわたしを取り囲み、海草は山の根元でわたしの頭にまといついた。5

わたしは地に下り、地の貫の木はいつもわたしの上にあった。

しかしわが神、主よ、あなたはわが命を穴から救いあげられた。6

わが魂がわたしのうちに弱っているとき、わたしは主をおぼえ、わたしの祈はあなたに至り、あなたの聖なる宮に達した。7

むなしい偶像に心を寄せる者は、そのまことの忠節を捨てる。8

しかしわたしは感謝の声をもって、あなたに犠牲をささげ、わたしの誓いをはたす。

救は主にある」。9

主は魚にお命じになったので、魚はヨナを陸に吐き出した。10

第3章

時に主の言葉は再びヨナに臨んで言った、1

「立って、あの大きな町ニネベに行き、あなたに命じる言葉をこれに伝えよ」。2

そこでヨナは主の言葉に従い、立って、ニネベに行った。

ニネベは非常に大きな町であって、これを行きめぐるには、三日を要するほどであった。3

ヨナはその町にはいり、初め一日路を行きめぐって呼ばわり、「四十日を経たらニネベは滅びる」と言った。4

そこでニネベの人々は神を信じ、断食をふれ、大きい者から小さい者まで荒布を着た。5

このうわさがニネベの王に達すると、彼はその王座から立ち上がり、朝服を脱ぎ、荒布をまとい、灰の中に座した。6

また王とその大臣の布告をもって、ニネベ中にふれさせて言った、

「人も獣も牛も羊もみな、何をも味わってはならない。物を食い、水を飲んではならない。7

人も獣も荒布をまとい、ひたすら神に呼ばわり、おのおのその悪い道およびその手にある強暴を離れよ。8

あるいは神はみ心をかえ、その激しい怒りをやめて、われわれを滅ぼされないかもしれない。だれがそれを知るだろう」。9

神は彼らのなすところ、その悪い道を離れたのを見られ、彼らの上に下そうと言われた災を思いかえして、これをおやめになった。10

第4章

ところがヨナはこれを非常に不快として、激しく怒り、1主に祈って言った、

「主よ、わたしがなお国におりました時、この事を申したではありませんか。それでこそわたしは、急いでタルシシにのがれようとしたのです。

なぜなら、わたしはあなたが恵み深い神、あわれみあり、怒ることおそく、いつくしみ豊かで、災を思いかえされることを、知っていたからです。2

それで主よ、どうぞ今わたしの命をとってください。わたしにとっては、生きるよりも死ぬ方がましだからです」。3

主は言われた、

「あなたの怒るのは、よいことであろうか」。4

そこでヨナは町から出て、町の東の方に座し、そこに自分のために一つの小屋を造り、町のなりゆきを見きわめようと、その下の日陰にすわっていた。5

時に主なる神は、ヨナを暑さの苦痛から救うために、とうごまを備えて、それを育て、ヨナの頭の上に日陰を設けた。

ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。6

ところが神は翌日の夜明けに虫を備えて、そのとうごまをかませられたので、それは枯れた。7

やがて太陽が出たとき、神が暑い東風を備え、また太陽がヨナの頭を照したので、ヨナは弱りはて、死ぬことを願って言った、

「生きるよりも死ぬ方がわたしにはましだ」。8

しかし神はヨナに言われた、

「とうごまのためにあなたの怒るのはよくない」。

ヨナは言った、

「わたしは怒りのあまり狂い死にそうです」。9

主は言われた、

「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。10

ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」。11