ハガイ書

第1章

ダリヨス王の二年六月、その月の一日に、主の言葉が預言者ハガイによって、シャルテルの子、ユダの総督ゼルバベル、およびヨザダクの子、大祭司ヨシュアに臨んだ、1

「万軍の主はこう言われる、

この民は、主の家を再び建てる時は、まだこないと言っている」。2

そこで、主の言葉はまた預言者ハガイに臨んだ、3

「主の家はこのように荒れはてているのに、あなたがたは、みずから板で張った家に住んでいる時であろうか。4

それで今、万軍の主はこう言われる、

あなたがたは自分のなすべきことをよく考えるがよい。5

あなたがたは多くまいても、取入れは少なく、食べても、飽きることはない。

飲んでも、満たされない。着ても、暖まらない。

賃銀を得ても、これを破れた袋に入れているようなものである。6

万軍の主はこう言われる、

あなたがたは、自分のなすべきことを考えるがよい。7

山に登り、木を持ってきて主の家を建てよ。

そうすればわたしはこれを喜び、かつ栄光のうちに現れる

と主は言われる。8

あなたがたは多くを望んだが、見よ、それは少なかった。

あなたがたが家に持ってきたとき、わたしはそれを吹き払った。

これは何ゆえであるか

と、万軍の主は言われる。

これはわたしの家が荒れはてているのに、あなたがたは、おのおの自分の家の事だけに、忙しくしている。9

それゆえ、あなたがたの上の天は露をさし止め、地はその産物をさし止めた。10

また、わたしは地にも、山にも、穀物にも、新しい酒にも、油にも、地に生じるものにも、人間にも、家畜にも、手で作るすべての作物にも、ひでりを呼び寄せた」。11

そこで、シャルテルの子ゼルバベルとヨザダクの子、大祭司ヨシュアおよび残りのすべての民は、その神、主の声と、その神、主のつかわされた預言者ハガイの言葉とに聞きしたがい、そして民は、主の前に恐れかしこんだ。12

時に、主の使者ハガイは主の命令により、民に告げて言った、

「わたしはあなたがたと共にいると主は言われる」。13

そして主は、シャルテルの子、ユダの総督ゼルバベルの心と、ヨザダクの子、大祭司ヨシュアの心、および残りのすべての民の心を、振り動かされたので、彼らは来て、その神、万軍の主の家の作業にとりかかった。14

これは六月二十四日のことであった。 15

第2章

ダリヨス王の二年の七月二十一日に、主の言葉が預言者ハガイに臨んだ、1

「シャルテルの子、ユダの総督ゼルバベルと、ヨザダクの子、大祭司ヨシュア、および残りのすべての民に告げて言え、2

『あなたがた残りの者のうち、以前の栄光に輝く主の家を見た者はだれか。あなたがたは今、この状態をどう思うか。これはあなたがたの目には、無にひとしいではないか。3

主は言われる、

ゼルバベルよ、勇気を出せ。ヨザダクの子、大祭司ヨシュアよ、勇気を出せ。

主は言われる。

この地のすべての民よ、勇気を出せ。働け。わたしはあなたがたと共にいる

と、万軍の主は言われる。4

これはあなたがたがエジプトから出た時、わたしがあなたがたに、約束した言葉である。

わたしの霊が、あなたがたのうちに宿っている。恐れるな。5

万軍の主はこう言われる、

しばらくして、いま一度、わたしは天と、地と、海と、かわいた地とを震う。6

わたしはまた万国民を震う。万国民の財宝は、はいって来て、わたしは栄光をこの家に満たす

と、万軍の主は言われる。7

銀はわたしのもの、金もわたしのものである

と、万軍の主は言われる。8

主の家の後の栄光は、前の栄光よりも大きい

と、万軍の主は言われる。

わたしはこの所に繁栄を与える

と、万軍の主は言われる』」。9

ダリヨスの二年の九月二十四日に、主の言葉が預言者ハガイに臨んだ、10

「万軍の主はこう言われる、

律法について祭司たちに尋ねて言え、11『人がその衣服のすそで聖なる肉を運んで行き、そのすそがもし、パンまたはあつもの、または酒、または油、またはどんな食物にでもさわったなら、それらは聖なるものとなるか』と」。

祭司たちは「ならない」と答えた。12

ハガイはまた言った、

「もし、死体によって汚れた人が、これらの一つにさわったなら、それは汚れるか」。

祭司たちは「汚れる」と答えた。13

そこで、ハガイは言った、

「主は言われる、

この民も、この国も、わたしの前では、そのようである。またその手のわざもそのようである。その所で彼らのささげるものは、汚れたものである。14

今、あなたがたはこの日から、後の事を思うがよい。主の宮で石の上に石が積まれなかった前、あなたがたは、どんなであったか。15

あの時には、二十枡の麦の積まれる所に行ったが、わずかに十枡を得、また五十桶をくもうとして、酒ぶねに行ったが、二十桶を得たのみであった。16

わたしは立ち枯れと、腐り穂と、ひょうをもってあなたがたと、あなたがたのすべての手のわざを撃った。しかし、あなたがたは、わたしに帰らなかった

と主は言われる。17

あなたがたはこの日より後、すなわち、九月二十四日よりの事を思うがよい。また主の宮の基をすえた日から後の事を心にとめるがよい。18

種はなお、納屋にあるか。ぶどうの木、いちじくの木、ざくろの木、オリブの木もまだ実を結ばない。しかし、わたしはこの日から、あなたがたに恵みを与える」。19

この月の二十四日に、主の言葉がふたたびハガイに臨んだ、20

「ユダの総督ゼルバベルに告げて言え、

わたしは天と地を震う。21

わたしは国々の王位を倒し、異邦の国々の力を滅ぼし、また戦車、およびこれに乗る者を倒す。馬およびこれに乗る者は、たがいにその仲間のつるぎによって倒れる。22

万軍の主は言われる、

シャルテルの子、わがしもべゼルバベルよ、主は言われる、

その日、わたしはあなたを立て、あなたを印章のようにする。わたしはあなたを選んだからである

と、万軍の主は言われる」。 23