ゼパニヤ書

第1章

ユダの王アモンの子ヨシヤの世に、ゼパニヤに臨んだ主の言葉。

ゼパニヤはクシの子、クシはゲダリヤの子、ゲダリヤはアマリヤの子、アマリヤはヒゼキヤの子である。1

主は言われる、

「わたしは地のおもてからすべてのものを一掃する」。2

主は言われる、

「わたしは人も獣も一掃し、空の鳥、海の魚をも一掃する。

わたしは悪人を倒す。

わたしは地のおもてから人を絶ち滅ぼす」。3

「わたしはユダとエルサレムのすべての住民との上に手を伸べる。

わたしはこの所からバアルの残党と、偶像の祭司の名とを断つ。4

また屋上で天の万象を拝む者、主に誓いを立てて拝みながら、またミルコムをさして誓う者、5主にそむいて従わない者、主を求めず、主を尋ねない者を断つ」。6

主なる神の前に沈黙せよ。

主の日は近づき、主はすでに犠牲を備え、その招いた者を聖別されたからである。7

主の犠牲をささげる日に、

「わたしはつかさたちと王の子たち、およびすべて異邦の衣服を着る者を罰する。8

その日にわたしはまた、すべて敷居をとび越え、暴虐と欺きとを自分の主君の家に満たす者を罰する」。9

主は言われる、

「その日には魚の門から叫び声がおこり、第二の町からうめき声がおこり、もろもろの丘からすさまじい響きがおこる。10

しっくいの家の住民よ、泣き叫べ。あきないする民は皆滅ぼされ、銀を量る者は皆断たれるからである。11

その時、わたしはともしびをもって、エルサレムを尋ねる。そして滓の上に凝り固まり、その心の中で『主は良いことも、悪いこともしない』と言う人々をわたしは罰する。12

彼らの財宝はかすめられ、彼らの家は荒れはてる。彼らは家を建てても、それに住むことができない、ぶどう畑を作っても、そのぶどう酒を飲むことができない」。13

主の大いなる日は近い、近づいて、すみやかに来る。

主の日の声は耳にいたい。

そこに、勇士もいたく叫ぶ。14

その日は怒りの日、なやみと苦しみの日、荒れ、また滅びる日、暗く、薄暗い日、雲と黒雲の日、15ラッパとときの声の日、堅固な町と高いやぐらを攻める日である。16

わたしは人々になやみを下して、盲人のように歩かせる。

彼らが主に対して罪を犯したからである。

彼らの血はちりのように流され、彼らの肉は糞土のように捨てられる。17

彼らの銀も金も、主の怒りの日には彼らを救うことができない。

全地は主のねたみの火にのまれる。

主は地に住む人々をたちまち滅ぼし尽される。18

第2章

あなたがた、恥を知らぬ民よ、共につどい、集まれ。1

すなわち、もみがらのように追いやられる前に、主の激しい怒りがまだあなたがたに臨まない前に、主の憤りの日がまだあなたがたに来ない前に。2

すべて主の命令を行うこの地のへりくだる者よ、

主を求めよ。

正義を求めよ。

謙遜を求めよ。

そうすればあなたがたは主の怒りの日に、あるいは隠されることがあろう。3

ともあれ、ガザは捨てられ、アシケロンは荒れはて、アシドドは真昼に追い払われ、エクロンは抜き去られる。4

わざわいなるかな、海べに住む者、ケレテの国民。

ペリシテびとの地、カナンよ、主の言葉があなたがたに臨む。

わたしはあなたを滅ぼして、住む者がないようにする。5

海べよ、あなたは牧場となり、羊飼の牧草地となり、また羊のおりとなる。6

海べはユダの家の残りの者に帰する。

彼らはその所で群れを養い、夕暮にはアシケロンの家に伏す。

彼らの神、主が彼らを顧み、その幸福を回復されるからである。7

「わたしはモアブのあざけりと、アンモンの人々の、ののしりを聞いた。

彼らはわが民をあざけり、自ら誇って彼らの国境を侵した。8

それゆえ、万軍の主、イスラエルの神は言われる、

わたしは生きている。

モアブは必ずソドムのようになる。アンモンの人々はゴモラのようになる。

いらくさと塩穴とがここを占領して、永遠に荒れ地となる。

わが民の残りの者は彼らをかすめ、わが国民の残りの者はこれを所有する」。9

この事の彼らに臨むのはその高ぶりによるのだ。

彼らが万軍の主の民をあざけり、みずから誇ったからである。10

主は彼らに対して恐るべき者となられる。

主は地のすべての神々を飢えさせられる。

もろもろの国の民は、おのおの自分の所から出て主を拝む。11

エチオピヤびとよ、あなたがたもまたわがつるぎによって殺される。12

主はまた北に向かって手を伸べ、アッスリヤを滅ぼし、ニネベを荒して、荒野のような、かわいた地とされる。13

家畜の群れ、もろもろの野の獣はその中に伏し、はげたかや、やまあらしはその柱の頂に住み、ふくろうは、その窓のうちになき、からすは、その敷居の上に鳴く。

その香柏の細工が裸にされるからである。14

この町は勝ち誇って、安らかに落ち着き、その心の中で、「ただわたしだけだ、わたしの外にはだれもない」と言った町であるが、このように荒れはてて、獣の伏す所になってしまった。

ここを通り過ぎる者は皆あざけって、手を振る。15

第3章

わざわいなるかな、このそむき汚れた暴虐の町。1

これはだれの声にも耳を傾けず、懲しめを受けいれず、主に寄り頼まず、おのれの神に近よらない。2

その中にいるつかさたちは、ほえるしし、そのさばきびとたちは、夜のおおかみで、彼らは朝まで何一つ残さない。3

その預言者たちは、放縦で偽りびと、その祭司たちは聖なる物を汚し、律法を破る。4

その中にいます主は義であって、不義を行われない。

朝ごとにその公義を現して、誤ることがない。

しかし不義な者は恥を知らない。5

「わたしは諸国民を滅ぼした。そのやぐらは荒れはてた。

わたしはそのちまたを荒したので、ちまたを行き来する者もない。

その町々は荒れすたれて、人の姿もなく、住む者もない。6

わたしは言った、『これは必ずわたしを恐れ、懲しめを受ける。これはわたしが命じたすべての事を見失わない』と。

しかし彼らはしきりに自分の行状を乱した」。7

主は言われる、

「それゆえ、あなたがたは、わたしが立って、証言する日を待て。

わたしの決意は諸国民をよせ集め、もろもろの国を集めて、わが憤り、わが激しい怒りをことごとくその上に注ぐことであって、全地は、ねたむわたしの怒りの火に焼き滅ぼされるからである。8

その時わたしはもろもろの民に清きくちびるを与え、すべて彼らに主の名を呼ばせ、心を一つにして主に仕えさせる。9

わたしを拝む者、わたしが散らした者の娘はエチオピヤの川々の向こうから来て、わたしに供え物をささげる。10

その日には、あなたはわたしにそむいたすべてのわざのゆえに、はずかしめられることはない。

その時わたしはあなたのうちから、高ぶって誇る者どもを除くゆえ、あなたは重ねてわが聖なる山で、高ぶることはない。11

わたしは柔和にしてへりくだる民を、あなたのうちに残す。

彼らは主の名を避け所とする。12

イスラエルの残りの者は不義を行わず、偽りを言わず、その口には欺きの舌を見ない。

それゆえ、彼らは食を得て伏し、彼らをおびやかす者はいない」。13

シオンの娘よ、喜び歌え。

イスラエルよ、喜び呼ばわれ。

エルサレムの娘よ、心のかぎり喜び楽しめ。14

主はあなたを訴える者を取り去り、あなたの敵を追い払われた。

イスラエルの王なる主はあなたのうちにいます。

あなたはもはや災を恐れることはない。15

その日、人々はエルサレムに向かって言う、

「シオンよ、恐れるな。あなたの手を弱々しくたれるな。16

あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる。彼はあなたのために喜び楽しみ、その愛によってあなたを新にし、祭の日のようにあなたのために喜び呼ばわられる」。17

「わたしはあなたから悩みを取り去る。

あなたは恥を受けることはない。18

見よ、その時あなたをしえたげる者をわたしはことごとく処分し、足なえを救い、追いやられた者を集め、彼らの恥を誉にかえ、全地にほめられるようにする。19

その時、わたしはあなたがたを連れかえる。

わたしがあなたがたを集めるとき、わたしがあなたがたの目の前に、あなたがたの幸福を回復するとき、地のすべての民の中で、あなたがたに名を得させ、誉を得させる」

と主は言われる。20