歴代志 上 1章

アダム、セツ、エノス、1

ケナン、マハラレル、ヤレド、2

エノク、メトセラ、ラメク、3

ノア、セム、ハム、ヤペテ。4

ヤペテの子らはゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メセク、テラス。5

ゴメルの子らはアシケナズ、デパテ、トガルマ。6

ヤワンの子らはエリシャ、タルシシ、キッテム、ロダニム。7

ハムの子らはクシ、エジプト、プテ、カナン。8

クシの子らはセバ、ハビラ、サブタ、ラアマ、サブテカ。ラアマの子らはシバとデダン。9

クシはニムロデを生んだ。ニムロデは初めて世の権力ある者となった。10

エジプトはルデびと、アナムびと、レハブびと、ナフトびと、11

パテロスびと、カスルびと、カフトルびとを生んだ。カフトルびとからペリシテびとが出た。12

カナンは長子シドンとヘテを生んだ。13

またエブスびと、アモリびと、ギルガシびと、14

ヒビびと、アルキびと、セニびと、15

アルワデびと、ゼマリびと、ハマテびとを生んだ。16

セムの子らはエラム、アシュル、アルパクサデ、ルデ、アラム、ウズ、ホル、ゲテル、メセクである。17

アルパクサデはシラを生み、シラはエベルを生んだ。18

エベルにふたりの子が生れた。ひとりの名はペレグ――彼の代に地の民が散り分れたからである――その弟の名はヨクタンといった。19

ヨクタンはアルモダデ、シャレフ、ハザル・マウテ、エラ、20

ハドラム、ウザル、デクラ、21

エバル、アビマエル、シバ、22

オフル、ハビラ、ヨバブを生んだ。これらはみなヨクタンの子である。23

セム、アルパクサデ、シラ、24

エベル、ペレグ、リウ、25

セルグ、ナホル、テラ、26

アブラムすなわちアブラハムである。27

アブラハムの子らはイサクとイシマエルである。28

彼らの子孫は次のとおりである。イシマエルの長子はネバヨテ、次はケダル、アデビエル、ミブサム、29

ミシマ、ドマ、マッサ、ハダデ、テマ、30

エトル、ネフシ、ケデマ。これらはイシマエルの子孫である。31

アブラハムのそばめケトラの子孫は次のとおりである。彼女はジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデアン、イシバク、シュワを産んだ。ヨクシャンの子らはシバとデダンである。32

ミデアンの子らはエパ、エペル、ヘノク、アビダ、エルダア。これらはみなケトラの子孫である。33

アブラハムはイサクを生んだ。イサクの子らはエサウとイスラエル。34

エサウの子らはエリパズ、リウエル、エウシ、ヤラム、コラ。35

エリパズの子らはテマン、オマル、ゼピ、ガタム、ケナズ、テムナ、アマレク。36

リウエルの子らはナハテ、ゼラ、シャンマ、ミッザ。37

セイルの子らはロタン、ショバル、ヂベオン、アナ、デション、エゼル、デシャン。38

ロタンの子らはホリとホマム。ロタンの妹はテムナ。39

ショバルの子らはアルヤン、マナハテ、エバル、シピ、オナム。ヂベオンの子らはアヤとアナ。40

アナの子はデション。デションの子らはハムラン、エシバン、イテラン、ケラン。41

エゼルの子らはビルハン、ザワン、ヤカン。デシャンの子らはウズとアラン。42

イスラエルの人々を治める王がまだなかった時、エドムの地を治めた王たちは次のとおりである。ベオルの子ベラ。その都の名はデナバといった。43

ベラが死んで、ボズラのゼラの子ヨバブが代って王となった。44

ヨバブが死んで、テマンびとの地のホシャムが代って王となった。45

ホシャムが死んで、ベダテの子ハダデが代って王となった。彼はモアブの野でミデアンを撃った。彼の都の名はアビテといった。46

ハダデが死んで、マスレカのサムラが代って王となった。47

サムラが死んで、ユフラテ川のほとりのレホボテのサウルが代って王となった。48

サウルが死んで、アクボルの子バアル・ハナンが代って王となった。49

バアル・ハナンが死んで、ハダデが代って王となった。彼の都の名はパイといった。彼の妻はマテレデの娘であって、名をメヘタベルといった。マテレデはメザハブの娘である。50

ハダデも死んだ。エドムの族長は、テムナ侯、アルヤ侯、エテテ侯、51

アホリバマ侯、エラ侯、ピノン侯、52

ケナズ侯、テマン侯、ミブザル侯、53

マグデエル侯、イラム侯。これらはエドムの族長である。54