テモテへの第一の手紙 4章

しかし、御霊は明らかに告げて言う。後の時になると、ある人々は、惑わす霊と悪霊の教とに気をとられて、信仰から離れ去るであろう。1

それは、良心に焼き印をおされている偽り者の偽善のしわざである。2

これらの偽り者どもは、結婚を禁じたり、食物を断つことを命じたりする。しかし食物は、信仰があり真理を認める者が、感謝して受けるようにと、神の造られたものである。3

神の造られたものは、みな良いものであって、感謝して受けるなら、何ひとつ捨てるべきものはない。4

それらは、神の言と祈とによって、きよめられるからである。5

これらのことを兄弟たちに教えるなら、あなたは、信仰の言葉とあなたの従ってきた良い教の言葉とに養われて、キリスト・イエスのよい奉仕者になるであろう。6

しかし、俗悪で愚にもつかない作り話は避けなさい。信心のために自分を訓練しなさい。7

からだの訓練は少しは益するところがあるが、信心は、今のいのちと後の世のいのちとが約束されてあるので、万事に益となる。8

これは確実で、そのまま受けいれるに足る言葉である。9

わたしたちは、このために労し苦しんでいる。それは、すべての人の救主、特に信じる者たちの救主なる生ける神に、望みを置いてきたからである。10

これらの事を命じ、また教えなさい。11

あなたは、年が若いために人に軽んじられてはならない。むしろ、言葉にも、行状にも、愛にも、信仰にも、純潔にも、信者の模範になりなさい。12

わたしがそちらに行く時まで、聖書を朗読することと、勧めをすることと、教えることとに心を用いなさい。13

長老の按手を受けた時、預言によってあなたに与えられて内に持っている恵みの賜物を、軽視してはならない。14

すべての事にあなたの進歩があらわれるため、これらの事を実行し、それを励みなさい。15

自分のことと教のこととに気をつけ、それらを常に努めなさい。そうすれば、あなたは、自分自身とあなたの教を聞く者たちとを、救うことになる。16