コロサイ人への手紙 3章

このように、あなたがたはキリストと共によみがえらされたのだから、上にあるものを求めなさい。そこではキリストが神の右に座しておられるのである。1

あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに心を引かれてはならない。2

あなたがたはすでに死んだものであって、あなたがたのいのちは、キリストと共に神のうちに隠されているのである。3

わたしたちのいのちなるキリストが現れる時には、あなたがたも、キリストと共に栄光のうちに現れるであろう。4

だから、地上の肢体、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪欲、また貪欲を殺してしまいなさい。貪欲は偶像礼拝にほかならない。5

これらのことのために、神の怒りが下るのである。6

あなたがたも、以前これらのうちに日を過ごしていた時には、これらのことをして歩いていた。7

しかし今は、これらいっさいのことを捨て、怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉を、捨ててしまいなさい。8

互にうそを言ってはならない。あなたがたは、古き人をその行いと一緒に脱ぎ捨て、9

造り主のかたちに従って新しくされ、真の知識に至る新しき人を着たのである。10

そこには、もはやギリシヤ人とユダヤ人、割礼と無割礼、未開の人、スクテヤ人、奴隷、自由人の差別はない。キリストがすべてであり、すべてのもののうちにいますのである。11

だから、あなたがたは、神に選ばれた者、聖なる、愛されている者であるから、あわれみの心、慈愛、謙そん、柔和、寛容を身に着けなさい。12

互に忍びあい、もし互に責むべきことがあれば、ゆるし合いなさい。主もあなたがたをゆるして下さったのだから、そのように、あなたがたもゆるし合いなさい。13

これらいっさいのものの上に、愛を加えなさい。愛は、すべてを完全に結ぶ帯である。14

キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。あなたがたが召されて一体となったのは、このためでもある。いつも感謝していなさい。15

キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと霊の歌とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。16

そして、あなたのすることはすべて、言葉によるとわざによるとを問わず、いっさい主イエスの名によってなし、彼によって父なる神に感謝しなさい。17

妻たる者よ、夫に仕えなさい。それが、主にある者にふさわしいことである。18

夫たる者よ、妻を愛しなさい。つらくあたってはいけない。19

子たる者よ、何事についても両親に従いなさい。これが主に喜ばれることである。20

父たる者よ、子供をいらだたせてはいけない。心がいじけるかも知れないから。21

僕たる者よ、何事についても、肉による主人に従いなさい。人にへつらおうとして、目先だけの勤めをするのではなく、真心をこめて主を恐れつつ、従いなさい。22

何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から働きなさい。23

あなたがたが知っているとおり、あなたがたは御国をつぐことを、報いとして主から受けるであろう。あなたがたは、主キリストに仕えているのである。24

不正を行う者は、自分の行った不正に対して報いを受けるであろう。それには差別扱いはない。25