エペソ人への手紙 5章

1こうして、あなたがたは、神に愛されている子供として、神にならう者になりなさい。2また愛のうちを歩きなさい。キリストもあなたがたを愛して下さって、わたしたちのために、ご自身を、神へのかんばしいかおりのささげ物、また、いけにえとしてささげられたのである。

3また、不品行といろいろな汚れや貪欲などを、聖徒にふさわしく、あなたがたの間では、口にすることさえしてはならない。4また、卑しい言葉と愚かな話やみだらな冗談を避けなさい。これらは、よろしくない事である。それよりは、むしろ感謝をささげなさい。

5あなたがたは、よく知っておかねばならない。すべて不品行な者、汚れたことをする者、貪欲な者、すなわち、偶像を礼拝する者は、キリストと神との国をつぐことができない。

6あなたがたは、だれにも不誠実な言葉でだまされてはいけない。これらのことから、神の怒りは不従順の子らに下るのである。7だから、彼らの仲間になってはいけない。

8あなたがたは、以前はやみであったが、今は主にあって光となっている。光の子らしく歩きなさい――9光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせるものである――10主に喜ばれるものがなんであるかを、わきまえ知りなさい。

11実を結ばないやみのわざに加わらないで、むしろ、それを指摘してやりなさい。12彼らが隠れて行っていることは、口にするだけでも恥ずかしい事である。

13しかし、光にさらされる時、すべてのものは、明らかになる。14明らかにされたものは皆、光となるのである。だから、こう書いてある、

「眠っている者よ、起きなさい。
死人のなかから、立ち上がりなさい。
そうすれば、キリストがあなたを照すであろう」。

15そこで、あなたがたの歩きかたによく注意して、賢くない者のようにではなく、賢い者のように歩き、16今の時を生かして用いなさい。今は悪い時代なのである。17だから、愚かな者にならないで、主の御旨がなんであるかを悟りなさい。

18酒に酔ってはいけない。それは乱行のもとである。むしろ御霊に満たされて、19詩とさんびと霊の歌とをもって語り合い、主にむかって心からさんびの歌をうたいなさい。20そしてすべてのことにつき、いつも、わたしたちの主イエス・キリストの御名によって、父なる神に感謝し、21キリストに対する恐れの心をもって、互に仕え合うべきである。

22妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。23キリストが教会のかしらであって、自らは、からだなる教会の救主であられるように、夫は妻のかしらである。24そして教会がキリストに仕えるように、妻もすべてのことにおいて、夫に仕えるべきである。

25夫たる者よ。キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように、妻を愛しなさい。26キリストがそうなさったのは、水で洗うことにより、言葉によって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、27また、しみも、しわも、そのたぐいのものがいっさいなく、清くて傷のない栄光の姿の教会を、ご自分に迎えるためである。28それと同じく、夫も自分の妻を、自分のからだのように愛さねばならない。自分の妻を愛する者は、自分自身を愛するのである。

29自分自身を憎んだ者は、いまだかつて、ひとりもいない。かえって、キリストが教会になさったようにして、おのれを育て養うのが常である。

30わたしたちは、キリストのからだの肢体なのである。

31「それゆえに、人は父母を離れてその妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである」。

32この奥義は大きい。それは、キリストと教会とをさしている。

33いずれにしても、あなたがたは、それぞれ、自分の妻を自分自身のように愛しなさい。妻もまた夫を敬いなさい。

TAGS: