詩篇(1~50篇)

詩篇 51篇~100篇 »

詩篇 101篇~150篇 »

第1篇

悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。1

このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。2

このような人は流れのほとりに植えられた木の時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える。3

悪しき者はそうでない、風の吹き去るもみがらのようだ。4

それゆえ、悪しき者はさばきに耐えない。

罪びとは正しい者のつどいに立つことができない。5

主は正しい者の道を知られる。

しかし、悪しき者の道は滅びる。6

第2篇

なにゆえ、もろもろの国びとは騒ぎたち、もろもろの民はむなしい事をたくらむのか。1

地のもろもろの王は立ち構え、もろもろのつかさはともに、はかり、主とその油そそがれた者とに逆らって言う、2「われらは彼らのかせをこわし、彼らのきずなを解き捨てるであろう」と。3

天に座する者は笑い、主は彼らをあざけられるであろう。4

そして主は憤りをもって彼らに語り、激しい怒りをもって彼らを恐れ惑わせて言われる、5「わたしはわが王を聖なる山シオンに立てた」と。6

わたしは主の詔をのべよう。

主はわたしに言われた、「おまえはわたしの子だ。きょう、わたしはおまえを生んだ。7わたしに求めよ、わたしはもろもろの国を嗣業としておまえに与え、地のはてまでもおまえの所有として与える。8おまえは鉄のつえをもって彼らを打ち破り、陶工の作る器物のように彼らを打ち砕くであろう」と。9

それゆえ、もろもろの王よ、賢くあれ、地のつかさらよ、戒めをうけよ。10

恐れをもって主に仕え、おののきをもって 11その足に口づけせよ。

さもないと主は怒って、あなたがたを道で滅ぼされるであろう、その憤りがすみやかに燃えるからである。

すべて主に寄り頼む者はさいわいである。12

第3篇

ダビデがその子アブサロムを避けてのがれたときの歌

主よ、わたしに敵する者のいかに多いことでしょう。

わたしに逆らって立つ者が多く、1「彼には神の助けがない」と、わたしについて言う者が多いのです。2〔セラ

しかし主よ、あなたはわたしを囲む盾、わが栄え、わたしの頭を、もたげてくださるかたです。3

わたしが声をあげて主を呼ばわると、主は聖なる山からわたしに答えられる。4〔セラ

わたしはふして眠り、また目をさます。

主がわたしをささえられるからだ。5

わたしを囲んで立ち構えるちよろずの民をもわたしは恐れない。6

主よ、お立ちください。

わが神よ、わたしをお救いください。

あなたはわたしのすべての敵のほおを打ち、悪しき者の歯を折られるのです。7

救は主のものです。

どうかあなたの祝福があなたの民の上にありますように。8〔セラ

第4篇

聖歌隊の指揮者によって琴にあわせてうたわせたダビデの歌

わたしの義を助け守られる神よ、わたしが呼ばわる時、お答えください。

あなたはわたしが悩んでいた時、わたしをくつろがせてくださいました。

わたしをあわれみ、わたしの祈をお聞きください。1

人の子らよ、いつまでわたしの誉をはずかしめるのか。

いつまでむなしい言葉を愛し、偽りを慕い求めるのか。2〔セラ

しかしあなたがたは知るがよい、主は神を敬う人をご自分のために聖別されたことを。

主はわたしが呼ばわる時におききくださる。3

あなたがたは怒っても、罪を犯してはならない。

床の上で静かに自分の心に語りなさい。4〔セラ

義のいけにえをささげて主に寄り頼みなさい。5

多くの人は言う、「どうか、わたしたちに良い事が見られるように。主よ、どうか、み顔の光をわたしたちの上に照されるように」と。6

あなたがわたしの心にお与えになった喜びは、穀物と、ぶどう酒の豊かな時の喜びにまさるものでした。7

わたしは安らかに伏し、また眠ります。

主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。8

第5篇

聖歌隊の指揮者によって笛にあわせてうたわせたダビデの歌

主よ、わたしの言葉に耳を傾け、わたしの嘆きに、み心をとめてください。1

わが王、わが神よ、わたしの叫びの声をお聞きください。

わたしはあなたに祈っています。2

主よ、朝ごとにあなたはわたしの声を聞かれます。

わたしは朝ごとにあなたのためにいけにえを備えて待ち望みます。3

あなたは悪しき事を喜ばれる神ではない。

悪人はあなたのもとに身を寄せることはできない。4

高ぶる者はあなたの目の前に立つことはできない。

あなたはすべて悪を行う者を憎まれる。5

あなたは偽りを言う者を滅ぼされる。

主は血を流す者と、人をだます者を忌みきらわれる。6

しかし、わたしはあなたの豊かないつくしみによって、あなたの家に入り、聖なる宮にむかって、かしこみ伏し拝みます。7

主よ、わたしのあだのゆえに、あなたの義をもってわたしを導き、わたしの前にあなたの道をまっすぐにしてください。8

彼らの口には真実がなく、彼らの心には滅びがあり、そののどは開いた墓、その舌はへつらいを言うのです。9

神よ、どうか彼らにその罪を負わせ、そのはかりごとによって、みずから倒れさせ、その多くのとがのゆえに彼らを追いだしてください。

彼らはあなたにそむいたからです。10

しかし、すべてあなたに寄り頼む者を喜ばせ、とこしえに喜び呼ばわらせてください。

また、み名を愛する者があなたによって喜びを得るように、彼らをお守りください。11

主よ、あなたは正しい者を祝福し、盾をもってするように、恵みをもってこれをおおい守られます。12

第6篇

聖歌隊の指揮者によってシェミニテにあわせ琴をもってうたわせたダビデの歌

主よ、あなたの怒りをもって、わたしを責めず、あなたの激しい怒りをもって、わたしを懲しめないでください。1

主よ、わたしをあわれんでください。

わたしは弱り衰えています。

主よ、わたしをいやしてください。

わたしの骨は悩み苦しんでいます。2

わたしの魂もまたいたく悩み苦しんでいます。

主よ、あなたはいつまでお怒りになるのですか。3

主よ、かえりみて、わたしの命をお救いください。

あなたのいつくしみにより、わたしをお助けください。4

死においては、あなたを覚えるものはなく、陰府においては、だれがあなたをほめたたえることができましょうか。5

わたしは嘆きによって疲れ、夜ごとに涙をもって、わたしのふしどをただよわせ、わたしのしとねをぬらした。6

わたしの目は憂いによって衰え、もろもろのあだのゆえに弱くなった。7

すべて悪を行う者よ、わたしを離れ去れ。

主はわたしの泣く声を聞かれた。8

主はわたしの願いを聞かれた。

主はわたしの祈をうけられる。9

わたしの敵は恥じて、いたく悩み苦しみ、彼らは退いて、たちどころに恥をうけるであろう。10

第7篇

ベニヤミンびとクシのことについてダビデが主にむかってうたったシガヨンの歌

わが神、主よ、わたしはあなたに寄り頼みます。

どうかすべての追い迫る者からわたしを救い、わたしをお助けください。1

さもないと彼らは、ししのように、わたしをかき裂き、助ける者の来ないうちに、引いて行くでしょう。2

わが神、主よ、もしわたしがこの事を行ったならば、もしわたしの手によこしまな事があるならば、3もしわたしの友に悪をもって報いたことがあり、ゆえなく、敵のものを略奪したことがあるならば、4敵にわたしを追い捕えさせ、わたしの命を地に踏みにじらせ、わたしの魂をちりにゆだねさせてください。5〔セラ

主よ、怒りをもって立ち、わたしの敵の憤りにむかって立ちあがり、わたしのために目をさましてください。

あなたはさばきを命じられました。6

もろもろの民をあなたのまわりにつどわせ、その上なる高みくらにおすわりください。7

主はもろもろの民をさばかれます。

主よ、わたしの義と、わたしにある誠実とに従って、わたしをさばいてください。8

どうか悪しき者の悪を断ち、正しき者を堅く立たせてください。

義なる神よ、あなたは人の心と思いとを調べられます。9

わたしを守る盾は神である。

神は心の直き者を救われる。10

神は義なるさばきびと、日ごとに憤りを起される神である。11

もし人が悔い改めないならば、神はそのつるぎをとぎ、その弓を張って構え、12また死に至らせる武器を備え、その矢を火矢とされる。13

見よ、悪しき者は邪悪をはらみ、害毒をやどし、偽りを生む。14

彼は穴を掘って、それを深くし、みずから作った穴に陥る。15

その害毒は自分のかしらに帰り、その強暴は自分のこうべに下る。16

わたしは主にむかって、その義にふさわしい感謝をささげ、いと高き者なる主の名をほめ歌うであろう。17

第8篇

聖歌隊の指揮者によってギテトにあわせてうたわせたダビデの歌

主、われらの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。

あなたの栄光は天の上にあり、1みどりごと、ちのみごとの口によって、ほめたたえられています。

あなたは敵と恨みを晴らす者とを静めるため、あだに備えて、とりでを設けられました。2

わたしは、あなたの指のわざなる天を見、あなたが設けられた月と星とを見て思います。3

人は何者なので、これをみ心にとめられるのですか、人の子は何者なので、これを顧みられるのですか。4

ただ少しく人を神よりも低く造って、栄えと誉とをこうむらせ、5これにみ手のわざを治めさせ、よろずの物をその足の下におかれました。6

すべての羊と牛、また野の獣、7空の鳥と海の魚、海路を通うものまでも。8

主、われらの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。9

第9篇

聖歌隊の指揮者によってムツラベンのしらべにあわせてうたわせたダビデの歌

わたしは心をつくして主に感謝し、あなたのくすしきみわざをことごとく宣べ伝えます。1

いと高き者よ、あなたによってわたしは喜びかつ楽しみ、あなたの名をほめ歌います。2

わたしの敵は退くとき、つまずき倒れてあなたの前に滅びました。3

あなたがわたしの正しい訴えを助け守られたからです。

あなたはみくらに座して、正しいさばきをされました。4

あなたはもろもろの国民を責め、悪しき者を滅ぼし、永久に彼らの名を消し去られました。5

敵は絶えはてて、とこしえに滅び、あなたが滅ぼされたもろもろの町はその記憶さえ消えうせました。6

しかし主はとこしえに、み位に座し、さばきのために、みくらを設けられました。7

主は正義をもって世界をさばき、公平をもってもろもろの民をさばかれます。8

主はしえたげられる者のとりで、なやみの時のとりでです。9

み名を知る者はあなたに寄り頼みます。

主よ、あなたを尋ね求める者をあなたは捨てられたことがないからです。10

シオンに住まわれる主にむかってほめうたい、そのみわざをもろもろの民のなかに宣べ伝えよ。11

血を流す者にあだを報いられる主は彼らを心にとめ、苦しむ者の叫びをお忘れにならないからです。12

主よ、わたしをあわれんでください。

死の門からわたしを引きあげられる主よ、あだする者のわたしを悩ますのをみそなわしてください。13

そうすれば、わたしはあなたのすべての誉を述べ、シオンの娘の門で、あなたの救を喜ぶことができましょう。14

もろもろの国民は自分の作った穴に陥り、隠し設けた網に自分の足を捕えられる。15

主はみずからを知らせ、さばきを行われた。

悪しき者は自分の手で作ったわなに捕えられる。16〔ヒガヨン、セラ

悪しき者、また神を忘れるもろもろの国民は陰府へ去って行く。17

貧しい者は常に忘れられるのではない。

苦しむ者の望みはとこしえに滅びるのではない。18

主よ、立ちあがってください。

人に勝利を得させず、もろもろの国民に、み前でさばきを受けさせてください。19

主よ、彼らに恐れを起させ、もろもろの国民に自分がただ、人であることを知らせてください。20〔セラ

第10篇

主よ、なにゆえ遠く離れて立たれるのですか。

なにゆえ悩みの時に身を隠されるのですか。1

悪しき者は高ぶって貧しい者を激しく責めます。

どうぞ彼らがその企てたはかりごとにみずから捕えられますように。2

悪しき者は自分の心の願いを誇り、むさぼる者は主をのろい、かつ捨てる。3

悪しき者は誇り顔をして、神を求めない。

その思いに、すべて「神はない」という。4

彼の道は常に栄え、あなたのさばきは彼を離れて高く、彼はそのすべてのあだを口先で吹く。5

彼は心の内に言う、「わたしは動かされることはなく、世々わざわいにあうことがない」と。6

その口はのろいと、欺きと、しえたげとに満ち、その舌の下には害毒と不正とがある。7

彼は村里の隠れ場におり、忍びやかな所で罪のない者を殺す。

その目は寄るべなき者をうかがい、8隠れ場にひそむししのように、ひそかに待ち伏せする。

彼は貧しい者を捕えようと待ち伏せし、貧しい者を網にひきいれて捕える。9

寄るべなき者は彼の力によって打ちくじかれ、衰え、倒れる。10

彼は心のうちに言う、「神は忘れた、神はその顔を隠した、神は絶えて見ることはなかろう」と。11

主よ、立ちあがってください。

神よ、み手をあげてください。

苦しむ者を忘れないでください。12

なにゆえ、悪しき者は神を侮り、心のうちに「あなたはとがめることをしない」と言うのですか。13

あなたはみそなわし、悩みと苦しみとを見て、それをみ手に取られます。

寄るべなき者はあなたに身をゆだねるのです。

あなたはいつもみなしごを助けられました。14

悪しき者と悪を行う者の腕を折り、その悪を一つも残さないまでに探り出してください。15

主はとこしえに王でいらせられる。

もろもろの国民は滅びて主の国から跡を断つでしょう。16

主よ、あなたは柔和な者の願いを聞き、その心を強くし、耳を傾けて、17みなしごと、しえたげられる者とのためにさばきを行われます。

地に属する人は再び人を脅かすことはないでしょう。18

第11篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

わたしは主に寄り頼む。

なにゆえ、あなたがたはわたしにむかって言うのか、「鳥のように山にのがれよ。1見よ、悪しき者は、暗やみで、心の直き者を射ようと弓を張り、弦に矢をつがえている。2基が取りこわされるならば、正しい者は何をなし得ようか」と。3

主はその聖なる宮にいまし、主のみくらは天にあり、その目は人の子らをみそなわし、そのまぶたは人の子らを調べられる。4

主は正しき者をも、悪しき者をも調べ、そのみ心は乱暴を好む者を憎まれる。5

主は悪しき者の上に炭火と硫黄とを降らせられる。

燃える風は彼らがその杯にうくべきものである。6

主は正しくいまして、正しい事を愛されるからである。

直き者は主のみ顔を仰ぎ見るであろう。7

第12篇

聖歌隊の指揮者によってシェミニテにあわせてうたわせたダビデの歌

主よ、お助けください。

神を敬う人は絶え、忠信な者は人の子らのなかから消えうせました。1

人はみなその隣り人に偽りを語り、へつらいのくちびると、ふたごころとをもって語る。2

主はすべてのへつらいのくちびると、大きな事を語る舌とを断たれるように。3

彼らは言う、「わたしたちは舌をもって勝を得よう、わたしたちのくちびるはわたしたちのものだ、だれがわたしたちの主人であるか」と。4

主は言われる、「貧しい者がかすめられ、乏しい者が嘆くゆえに、わたしはいま立ちあがって、彼らをその慕い求める安全な所に置こう」と。5

主のことばは清き言葉である。

地に設けた炉で練り、七たびきよめた銀のようである。6

主よ、われらを保ち、とこしえにこの人々から免れさせてください。7

卑しい事が人の子のなかにあがめられている時、悪しき者はいたる所でほしいままに歩いています。8

第13篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

主よ、いつまでなのですか。

とこしえにわたしをお忘れになるのですか。

いつまで、み顔をわたしに隠されるのですか。1

いつまで、わたしは魂に痛みを負い、ひねもす心に悲しみをいだかなければならないのですか。

いつまで敵はわたしの上にあがめられるのですか。2

わが神、主よ、みそなわして、わたしに答え、わたしの目を明らかにしてください。

さもないと、わたしは死の眠りに陥り、3わたしの敵は「わたしは敵に勝った」と言い、わたしのあだは、わたしの動かされることによって喜ぶでしょう。4

しかしわたしはあなたのいつくしみに信頼し、わたしの心はあなたの救を喜びます。5

主は豊かにわたしをあしらわれたゆえ、わたしは主にむかって歌います。6

第14篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

愚かな者は心のうちに「神はない」と言う。

彼らは腐れはて、憎むべき事をなし、善を行う者はない。1

主は天から人の子らを見おろして、賢い者、神をたずね求める者があるかないかを見られた。2

彼らはみな迷い、みなひとしく腐れた。

善を行う者はない、ひとりもない。3

すべて悪を行う者は悟りがないのか。

彼らは物食うようにわが民をくらい、また主を呼ぶことをしない。4

その時、彼らは大いに恐れた。

神は正しい者のやからと共におられるからである。5

あなたがたは貧しい者の計画をはずかしめようとする。

しかし主は彼の避け所である。6

どうか、シオンからイスラエルの救が出るように。

主がその民の繁栄を回復されるとき、ヤコブは喜び、イスラエルは楽しむであろう。7

第15篇

ダビデの歌

主よ、あなたの幕屋にやどるべき者はだれですか、あなたの聖なる山に住むべき者はだれですか。1

直く歩み、義を行い、心から真実を語る者、2その舌をもってそしらず、その友に悪をなさず、隣り人に対するそしりを取りあげず、3その目は神に捨てられた者を卑しめ、主を恐れる者を尊び、誓った事は自分の損害になっても変えることなく、4利息をとって金銭を貸すことなく、まいないを取って罪のない者の不利をはかることをしない人である。

これらの事を行う者はとこしえに動かされることはない。5

第16篇

ダビデのミクタムの歌

神よ、わたしをお守りください。

わたしはあなたに寄り頼みます。1

わたしは主に言う、「あなたはわたしの主、あなたのほかにわたしの幸はない」と。2

地にある聖徒は、すべてわたしの喜ぶすぐれた人々である。3

おおよそ、ほかの神を選ぶ者は悲しみを増す。

わたしは彼らのささげる血の灌祭を注がず、その名を口にとなえることをしない。4

主はわたしの嗣業、またわたしの杯にうくべきもの。

あなたはわたしの分け前を守られる。5

測りなわは、わたしのために好ましい所に落ちた。

まことにわたしは良い嗣業を得た。6

わたしにさとしをさずけられる主をほめまつる。

夜はまた、わたしの心がわたしを教える。7

わたしは常に主をわたしの前に置く。

主がわたしの右にいますゆえ、わたしは動かされることはない。8

このゆえに、わたしの心は楽しみ、わたしの魂は喜ぶ。

わたしの身もまた安らかである。9

あなたはわたしを陰府に捨ておかれず、あなたの聖者に墓を見させられないからである。10

あなたはいのちの道をわたしに示される。

あなたの前には満ちあふれる喜びがあり、あなたの右には、とこしえにもろもろの楽しみがある。11

第17篇

ダビデの祈

主よ、正しい訴えを聞き、わたしの叫びにみ心をとめ、偽りのないくちびるから出るわたしの祈に耳を傾けてください。1

どうかわたしについての宣告がみ前から出て、あなたの目が公平をみられるように。2

あなたがわたしの心をためし、夜、わたしに臨み、わたしを試みられても、わたしのうちになんの悪い思いをも見いだされないでしょう。

わたしの口も罪を犯しません。3

人のおこないの事をいえば、あなたのくちびるの言葉によって、わたしは不法な者の道を避けました。4

わたしの歩みはあなたの道に堅く立ち、わたしの足はすべることがなかったのです。5

神よ、わたしはあなたに呼ばわります。

あなたはわたしに答えられます。

どうか耳を傾けて、わたしの述べることをお聞きください。6

寄り頼む者をそのあだから右の手で救われる者よ、あなたのいつくしみを驚くばかりにあらわし、7ひとみのようにわたしを守り、みつばさの陰にわたしを隠し、8わたしをしえたげる悪しき者から、わたしを囲む恐ろしい敵から、のがれさせてください。9

彼らはその心を閉じて、あわれむことなく、その口をもって高ぶって語るのです。10

彼らはわたしを追いつめ、わたしを囲み、わたしを地に投げ倒さんと、その目をそそぎます。11

彼らはかき裂かんと、いらだつししのごとく、隠れた所にひそみ待つ子じしのようです。12

主よ、立ちあがって、彼らに立ちむかい、彼らを倒してください。

つるぎをもって悪しき者からわたしのいのちをお救いください。13

主よ、み手をもって人々からわたしをお救いください。

すなわち自分の分け前をこの世で受け、あなたの宝をもってその腹を満たされる世の人々からわたしをお救いください。

彼らは多くの子に飽き足り、その富を幼な子に残すのです。14

しかしわたしは義にあって、み顔を見、目ざめる時、みかたちを見て、満ち足りるでしょう。15

第18篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせた主のしもべダビデの歌、すなわち主がもろもろのあだの手とサウルの手から救い出された日にダビデはこの歌の言葉を主にむかって述べて言った

わが力なる主よ、わたしはあなたを愛します。1

主はわが岩、わが城、わたしを救う者、わが神、わが寄り頼む岩、わが盾、わが救の角、わが高きやぐらです。2

わたしはほめまつるべき主に呼ばわって、わたしの敵から救われるのです。3

死の綱は、わたしを取り巻き、滅びの大水は、わたしを襲いました。4

陰府の綱は、わたしを囲み、死のわなは、わたしに立ちむかいました。5

わたしは悩みのうちに主に呼ばわり、わが神に叫び求めました。

主はその宮からわたしの声を聞かれ、主にさけぶわたしの叫びがその耳に達しました。6

そのとき地は揺れ動き、山々の基は震い動きました。

主がお怒りになったからです。7

煙はその鼻から立ちのぼり、火はその口から出て焼きつくし、炭はそれによって燃えあがりました。8

主は天をたれて下られ、暗やみがその足の下にありました。9

主はケルブに乗って飛び、風の翼をもってかけり、10やみをおおいとして、自分のまわりに置き、水を含んだ暗い濃き雲をその幕屋とされました。11

そのみ前の輝きから濃き雲を破って、ひょうと燃える炭とが降ってきました。12

主はまた天に雷をとどろかせ、いと高き者がみ声を出されると、ひょうと燃える炭とが降ってきました。13

主は矢を放って彼らを散らし、いなずまをひらめかして彼らを打ち敗られました。14

主よ、そのとき、あなたのとがめと、あなたの鼻のいぶきとによって、海の底はあらわれ、地の基があらわになったのです。15

主は高い所からみ手を伸べて、わたしを捕え、大水からわたしを引きあげ、16わたしの強い敵と、わたしを憎む者とからわたしを助け出されました。

彼らはわたしにまさって強かったからです。17

彼らはわたしの災の日にわたしを襲いました。

しかし主はわたしのささえとなられました。18

主はわたしを広い所につれ出し、わたしを喜ばれるがゆえに、わたしを助けられました。19

主はわたしの義にしたがってわたしに報い、わたしの手の清きにしたがってわたしに報いかえされました。20

わたしは主の道を守り、悪意をもって、わが神を離れたことがなかったのです、21そのすべてのおきてはわたしの前にあって、わたしはその定めを捨てたことがなかったのです。22

わたしは主の前に欠けたところがなく、自分を守って罪を犯しませんでした。23

このゆえに主はわたしの義にしたがい、その目の前にわたしの手の清きにしたがってわたしに報いられました。24

あなたはいつくしみある者には、いつくしみある者となり、欠けたところのない者には、欠けたところのない者となり、25清い者には、清い者となり、ひがんだ者には、ひがんだ者となられます。26

あなたは苦しんでいる民を救われますが、高ぶる目をひくくされるのです。27

あなたはわたしのともしびをともし、わが神、主はわたしのやみを照されます。28

まことに、わたしはあなたによって敵軍を打ち破り、わが神によって城壁をとび越えることができます。29

この神こそ、その道は完全であり、主の言葉は真実です。

主はすべて寄り頼む者の盾です。30

主のほかに、だれが神でしょうか。

われらの神のほかに、だれが岩でしょうか。31

神はわたしに力を帯びさせ、わたしの道を安全にされました。32

神はわたしの足をめじかの足のようにされ、わたしを高い所に安全に立たせ、33わたしの手を戦いに慣らされたので、わたしの腕は青銅の弓をもひくことができます。34

あなたはその救の盾をわたしに与え、あなたの右の手はわたしをささえ、あなたの助けはわたしを大いなる者とされました。35

あなたがわたしの歩む所を広くされたので、わたしの足はすべらなかったのです。36

わたしは敵を追って、これに追いつき、これを滅ぼしつくすまでは帰らなかったのです。37

わたしが彼らを突き通したので、彼らは立ちあがることができず、わたしの足もとに倒れました。38

あなたは戦いのためにわたしに力を帯びさせ、わたしに立ち向かう者らをわたしのもとに、かがませられました。39

あなたは敵にその後をわたしに向けさせられたので、わたしは自分を憎む者を滅ぼしました。40

彼らは助けを叫び求めたが、救う者はなく、主にむかって叫んだけれども、彼らに答えられなかったのです。41

わたしは彼らを風の前のちりのように細かに砕き、ちまたの泥のように打ち捨てました。42

あなたは民の争いからわたしを救い、わたしをもろもろの国民のかしらとされました。

わたしの知らなかった民がわたしに仕えました。43

彼らはわたしの事を聞くと、ただちにわたしに従い、異邦の人々はきて、わたしにへつらいました。44

異邦の人々は打ちしおれて、その城から震えながら出てきました。45

主は生きておられます。

わが岩はほむべきかな。

わが救の神はあがむべきかな。46

神はわたしにあだを報いさせ、もろもろの民をわたしのもとに従わせ、47わたしの敵からわたしを救い出されました。

まことに、あなたはわたしに逆らって起りたつ者の上にわたしをあげ、不法の人からわたしを救い出されました。48

このゆえに主よ、わたしはもろもろの国民のなかであなたをたたえ、あなたのみ名をほめ歌います。49

主はその王に大いなる勝利を与え、その油そそがれた者に、ダビデとその子孫とに、とこしえにいつくしみを加えられるでしょう。50

第19篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

もろもろの天は神の栄光をあらわし、大空はみ手のわざをしめす。1

この日は言葉をかの日につたえ、この夜は知識をかの夜につげる。2

話すことなく、語ることなく、その声も聞えないのに、3その響きは全地にあまねく、その言葉は世界のはてにまで及ぶ。

神は日のために幕屋を天に設けられた。4

日は花婿がその祝のへやから出てくるように、また勇士が競い走るように、その道を喜び走る。5

それは天のはてからのぼって、天のはてにまで、めぐって行く。

その暖まりをこうむらないものはない。6

主のおきては完全であって、魂を生きかえらせ、主のあかしは確かであって、無学な者を賢くする。7

主のさとしは正しくて、心を喜ばせ、主の戒めはまじりなくて、眼を明らかにする。8

主を恐れる道は清らかで、とこしえに絶えることがなく、主のさばきは真実であって、ことごとく正しい。9

これらは金よりも、多くの純金よりも慕わしく、また蜜よりも、蜂の巣のしたたりよりも甘い。10

あなたのしもべは、これらによって戒めをうける。

これらを守れば、大いなる報いがある。11

だれが自分のあやまちを知ることができましようか。

どうか、わたしを隠れたとがから解き放ってください。12

また、あなたのしもべを引きとめて、故意の罪を犯させず、これに支配されることのないようにしてください。

そうすれば、わたしはあやまちのない者となって、大いなるとがを免れることができるでしょう。13

わが岩、わがあがないぬしなる主よ、どうか、わたしの口の言葉と、心の思いがあなたの前に喜ばれますように。14

第20篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

主が悩みの日にあなたに答え、ヤコブの神のみ名があなたを守られるように。1

主が聖所から助けをあなたにおくり、シオンからあなたをささえ、2あなたのもろもろの供え物をみ心にとめ、あなたの燔祭をうけられるように。3〔セラ

主があなたの心の願いをゆるし、あなたのはかりごとをことごとく遂げさせられるように。4

われらがあなたの勝利を喜びうたい、われらの神のみ名によって旗を揚げるように。

主があなたの求めをすべて遂げさせられるように。5

今わたしは知る、主はその油そそがれた者を助けられることを。

主はその右の手による大いなる勝利をもってその聖なる天から彼に答えられるであろう。6

ある者は戦車を誇り、ある者は馬を誇る。

しかしわれらは、われらの神、主のみ名を誇る。7

彼らはかがみ、また倒れる。

しかしわれらは起きて、まっすぐに立つ。8

主よ、王に勝利をおさずけください。

われらが呼ばわる時、われらにお答えください。9

第21篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

主よ、王はあなたの力によって喜び、あなたの助けによって、いかに大きな喜びをもつことでしょう。1

あなたは彼の心の願いをゆるし、そのくちびるの求めをいなまれなかった。2〔セラ

あなたは大いなる恵みをもって彼を迎え、そのかしらに純金の冠をいただかせられる。3

彼がいのちを求めると、あなたはそれを彼にさずけ、世々限りなくそのよわいを長くされた。4

あなたの助けによって彼の栄光は大きい。

あなたは誉と威厳とを彼に与えられる。5

まことに、あなたは彼をとこしえに恵まれた者とし、み前に喜びをもって楽しませられる。6

王は主に信頼するゆえ、いと高き者のいつくしみをこうむって、動かされることはない。7

あなたの手はもろもろの敵を尋ね出し、あなたの右の手はあなたを憎む者を尋ね出すであろう。8

あなたが怒る時、彼らを燃える炉のようにするであろう。

主はみ怒りによって彼らをのみつくされる。

火は彼らを食いつくすであろう。9

あなたは彼らのすえを地から断ち、彼らの種を人の子らの中から滅ぼすであろう。10

たとい彼らがあなたにむかって悪い事を企て、悪いはかりごとを思いめぐらしても、なし遂げることはできない。11

あなたは彼らを逃げ走らせ、あなたの弓弦を張って、彼らの顔をねらうであろう。12

主よ、力をあらわして、みずからを高くしてください。

われらはあなたの大能をうたい、かつほめたたえるでしょう。13

第22篇

聖歌隊の指揮者によってあけぼののめじかのしらべにあわせてうたわせたダビデの歌

わが神、わが神、なにゆえわたしを捨てられるのですか。

なにゆえ遠く離れてわたしを助けず、わたしの嘆きの言葉を聞かれないのですか。1

わが神よ、わたしが昼よばわっても、あなたは答えられず、夜よばわっても平安を得ません。2

しかしイスラエルのさんびの上に座しておられるあなたは聖なるおかたです。3

われらの先祖たちはあなたに信頼しました。

彼らが信頼したので、あなたは彼らを助けられました。4

彼らはあなたに呼ばわって救われ、あなたに信頼して恥をうけなかったのです。5

しかし、わたしは虫であって、人ではない。

人にそしられ、民に侮られる。6

すべてわたしを見る者は、わたしをあざ笑い、くちびるを突き出し、かしらを振り動かして言う、7「彼は主に身をゆだねた、主に彼を助けさせよ。主は彼を喜ばれるゆえ、主に彼を救わせよ」と。8

しかし、あなたはわたしを生れさせ、母のふところにわたしを安らかに守られた方です。9

わたしは生れた時から、あなたにゆだねられました。

母の胎を出てからこのかた、あなたはわたしの神でいらせられました。10

わたしを遠く離れないでください。

悩みが近づき、助ける者がないのです。11

多くの雄牛はわたしを取り巻き、バシャンの強い雄牛はわたしを囲み、12かき裂き、ほえたけるししのように、わたしにむかって口を開く。13

わたしは水のように注ぎ出され、わたしの骨はことごとくはずれ、わたしの心臓は、ろうのように、胸のうちで溶けた。14

わたしの力は陶器の破片のようにかわき、わたしの舌はあごにつく。

あなたはわたしを死のちりに伏させられる。15

まことに、犬はわたしをめぐり、悪を行う者の群れがわたしを囲んで、わたしの手と足を刺し貫いた。16

わたしは自分の骨をことごとく数えることができる。

彼らは目をとめて、わたしを見る。17

彼らは互にわたしの衣服を分け、わたしの着物をくじ引にする。18

しかし主よ、遠く離れないでください。

わが力よ、速く来てわたしをお助けください。19

わたしの魂をつるぎから、わたしのいのちを犬の力から助け出してください。20

わたしをししの口から、苦しむわが魂を野牛の角から救い出してください。21

わたしはあなたのみ名を兄弟たちに告げ、会衆の中であなたをほめたたえるでしょう。22

主を恐れる者よ、主をほめたたえよ。

ヤコブのもろもろのすえよ、主をあがめよ。

イスラエルのもろもろのすえよ、主をおじおそれよ。23

主が苦しむ者の苦しみをかろんじ、いとわれず、またこれにみ顔を隠すことなく、その叫ぶときに聞かれたからである。24

大いなる会衆の中で、わたしのさんびはあなたから出るのです。

わたしは主を恐れる者の前で、わたしの誓いを果します。25

貧しい者は食べて飽くことができ、主を尋ね求める者は主をほめたたえるでしょう。

どうか、あなたがたの心がとこしえに生きるように。26

地のはての者はみな思い出して、主に帰り、もろもろの国のやからはみな、み前に伏し拝むでしょう。27

国は主のものであって、主はもろもろの国民を統べ治められます。28

地の誇り高ぶる者はみな主を拝み、ちりに下る者も、おのれを生きながらえさせえない者も、みなそのみ前にひざまずくでしょう。29

子々孫々、主に仕え、人々は主のことをきたるべき代まで語り伝え、30主がなされたその救を後に生れる民にのべ伝えるでしょう。31

第23篇

ダビデの歌

主はわたしの牧者であって、わたしには乏しいことがない。1

主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。2

主はわたしの魂をいきかえらせ、み名のためにわたしを正しい道に導かれる。3

たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。

あなたがわたしと共におられるからです。

あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。4

あなたはわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、わたしのこうべに油をそそがれる。

わたしの杯はあふれます。5

わたしの生きているかぎりは必ず恵みといつくしみとが伴うでしょう。

わたしはとこしえに主の宮に住むでしょう。6

第24篇

ダビデの歌

地と、それに満ちるもの、世界と、そのなかに住む者とは主のものである。1

主はその基を大海のうえにすえ、大川のうえに定められた。2

主の山に登るべき者はだれか。

その聖所に立つべき者はだれか。3

手が清く、心のいさぎよい者、その魂がむなしい事に望みをかけない者、偽って誓わない者こそ、その人である。4

このような人は主から祝福をうけ、その救の神から義をうける。5

これこそ主を慕う者のやから、ヤコブの神の、み顔を求める者のやからである。6〔セラ

門よ、こうべをあげよ。

とこしえの戸よ、あがれ。

栄光の王がはいられる。7

栄光の王とはだれか。

強く勇ましい主、戦いに勇ましい主である。8

門よ、こうべをあげよ。

とこしえの戸よ、あがれ。

栄光の王がはいられる。9

この栄光の王とはだれか。

万軍の主、これこそ栄光の王である。10〔セラ

第25篇

ダビデの歌

主よ、わが魂はあなたを仰ぎ望みます。1

わが神よ、わたしはあなたに信頼します。

どうか、わたしをはずかしめず、わたしの敵を勝ち誇らせないでください。2

すべてあなたを待ち望む者をはずかしめず、みだりに信義にそむく者をはずかしめてください。3

主よ、あなたの大路をわたしに知らせ、あなたの道をわたしに教えてください。4

あなたのまことをもって、わたしを導き、わたしを教えてください。

あなたはわが救の神です。

わたしはひねもすあなたを待ち望みます。5

主よ、あなたのあわれみと、いつくしみとを思い出してください。

これはいにしえから絶えることがなかったのです。6

わたしの若き時の罪と、とがとを思い出さないでください。

主よ、あなたの恵みのゆえに、あなたのいつくしみにしたがって、わたしを思い出してください。7

主は恵みふかく、かつ正しくいらせられる。

それゆえ、主は道を罪びとに教え、8へりくだる者を公義に導き、へりくだる者にその道を教えられる。9

主のすべての道はその契約とあかしとを守る者にはいつくしみであり、まことである。10

主よ、み名のために、わたしの罪をおゆるしください。

わたしの罪は大きいのです。11

主を恐れる人はだれか。

主はその選ぶべき道をその人に教えられる。12

彼はみずからさいわいに住まい、そのすえは地を継ぐであろう。13

主の親しみは主をおそれる者のためにあり、主はその契約を彼らに知らせられる。14

わたしの目は常に主に向かっている。

主はわたしの足を網から取り出されるからである。15

わたしをかえりみ、わたしをあわれんでください。

わたしはひとりわびしく苦しんでいるのです。16

わたしの心の悩みをゆるめ、わたしを苦しみから引き出してください。17

わたしの苦しみ悩みをかえりみ、わたしのすべての罪をおゆるしください。18

わたしの敵がいかに多く、かつ激しい憎しみをもってわたしを憎んでいるかをごらんください。19

わたしの魂を守り、わたしをお助けください。

わたしをはずかしめないでください。

わたしはあなたに寄り頼んでいます。20

どうか、誠実と潔白とが、わたしを守ってくれるように。

わたしはあなたを待ち望んでいます。21

神よ、イスラエルをあがない、すべての悩みから救いだしてください。22

第26篇

ダビデの歌

主よ、わたしをさばいてください。

わたしは誠実に歩み、迷うことなく主に信頼しています。1

主よ、わたしをためし、わたしを試み、わたしの心と思いとを練りきよめてください。2

あなたのいつくしみはわたしの目の前にあり、わたしはあなたのまことによって歩みました。3

わたしは偽る人々と共にすわらず、偽善者と交わらず、4悪を行う者のつどいを憎み、悪しき者と共にすわることをしません。5

主よ、わたしは手を洗って、罪のないことを示し、あなたの祭壇をめぐって、6感謝の歌を声高くうたい、あなたのくすしきみわざをことごとくのべ伝えます。7

主よ、わたしはあなたの住まわれる家と、あなたの栄光のとどまる所とを愛します。8

どうか、わたしを罪びとと共に、わたしのいのちを、血を流す人々と共に、取り去らないでください。9

彼らの手には悪い企てがあり、彼らの右の手は、まいないで満ちています。10

しかしわたしは誠実に歩みます。

わたしをあがない、わたしをあわれんでください。11

わたしの足は平らかな所に立っています。

わたしは会衆のなかで主をたたえましょう。12

第27篇

ダビデの歌

主はわたしの光、わたしの救だ、わたしはだれを恐れよう。

主はわたしの命のとりでだ。わたしはだれをおじ恐れよう。1

わたしのあだ、わたしの敵である悪を行う者どもが、襲ってきて、わたしをそしり、わたしを攻めるとき、彼らはつまずき倒れるであろう。2

たとい軍勢が陣営を張って、わたしを攻めても、わたしの心は恐れない。

たといいくさが起って、わたしを攻めても、なおわたしはみずから頼むところがある。3

わたしは一つの事を主に願った、わたしはそれを求める。

わたしの生きるかぎり、主の家に住んで、主のうるわしきを見、その宮で尋ねきわめることを。4

それは主が悩みの日に、その仮屋のうちにわたしを潜ませ、その幕屋の奥にわたしを隠し、岩の上にわたしを高く置かれるからである。5

今わたしのこうべはわたしをめぐる敵の上に高くあげられる。

それゆえ、わたしは主の幕屋で喜びの声をあげて、いけにえをささげ、歌って、主をほめたたえるであろう。6

主よ、わたしが声をあげて呼ばわるとき、聞いて、わたしをあわれみ、わたしに答えてください。7

あなたは仰せられました、「わが顔をたずね求めよ」と。

あなたにむかって、わたしの心は言います、「主よ、わたしはみ顔をたずね求めます」と。8

み顔をわたしに隠さないでください。

怒ってあなたのしもべを退けないでください。

あなたはわたしの助けです。

わが救の神よ、わたしを追い出し、わたしを捨てないでください。9

たとい父母がわたしを捨てても、主がわたしを迎えられるでしょう。10

主よ、あなたの道をわたしに教え、わたしのあだのゆえに、わたしを平らかな道に導いてください。11

わたしのあだの望むがままに、わたしを引き渡さないでください。

偽りのあかしをする者がわたしに逆らって起り、暴言を吐くからです。12

わたしは信じます、生ける者の地でわたしは主の恵みを見ることを。13

主を待ち望め、強く、かつ雄々しくあれ。

主を待ち望め。14

第28篇

ダビデの歌

主よ、わたしはあなたにむかって呼ばわります。

わが岩よ、わたしにむかって耳しいとならないでください。

もしあなたが黙っておられるならば、おそらく、わたしは墓に下る者と等しくなるでしょう。1

わたしがあなたにむかって助けを求め、あなたの至聖所にむかって手をあげるとき、わたしの願いの声を聞いてください。2

悪しき者および悪を行う者らと共にわたしを引き行かないでください。

彼らはその隣り人とむつまじく語るけれども、その心には害悪をいだく者です。3

どうぞ、そのわざにしたがい、その悪しき行いにしたがって彼らに報い、その手のわざにしたがって彼らに報い、その受くべき罰を彼らに与えてください。4

彼らは主のもろもろのみわざと、み手のわざとを顧みないゆえに、主は彼らを倒して、再び建てられることはない。5

主はほむべきかな。

主はわたしの願いの声を聞かれた。6

主はわが力、わが盾。

わたしの心は主に寄り頼む。

わたしは助けを得たので、わたしの心は大いに喜び、歌をもって主をほめたたえる。7

主はその民の力、その油そそがれた者の救のとりでである。8

どうぞ、あなたの民を救い、あなたの嗣業を恵み、彼らの牧者となって、とこしえに彼らをいだき導いてください。9

第29篇

ダビデの歌

神の子らよ、主に帰せよ、栄光と力とを主に帰せよ。1

み名の栄光を主に帰せよ、聖なる装いをもって主を拝め。2

主のみ声は水の上にあり、栄光の神は雷をとどろかせ、主は大水の上におられる。3

主のみ声は力があり、主のみ声は威厳がある。4

主のみ声は香柏を折り砕き、主はレバノンの香柏を折り砕かれる。5

主はレバノンを子牛のように踊らせ、シリオンを若い野牛のように踊らされる。6

主のみ声は炎をひらめかす。7

主のみ声は荒野を震わせ、主はカデシの荒野を震わされる。8

主のみ声はかしの木を巻きあげ、また林を裸にする。

その宮で、すべてのものは呼ばわって言う、「栄光」と。9

主は洪水の上に座し、主はみくらに座して、とこしえに王であらせられる。10

主はその民に力を与え、平安をもってその民を祝福されるであろう。11

第30篇

宮をささげるときにうたったダビデの歌

主よ、わたしはあなたをあがめます。

あなたはわたしを引きあげ、敵がわたしの事によって喜ぶのを、ゆるされなかったからです。1

わが神、主よ、わたしがあなたにむかって助けを叫び求めると、あなたはわたしをいやしてくださいました。2

主よ、あなたはわたしの魂を陰府からひきあげ、墓に下る者のうちから、わたしを生き返らせてくださいました。3

主の聖徒よ、主をほめうたい、その聖なるみ名に感謝せよ。4

その怒りはただつかのまで、その恵みはいのちのかぎり長いからである。

夜はよもすがら泣きかなしんでも、朝と共に喜びが来る。5

わたしは安らかな時に言った、「わたしは決して動かされることはない」と。6

主よ、あなた恵みをもって、わたしをゆるがない山のように堅くされました。

あなたがみ顔をかくされたので、わたしはおじ惑いました。7

主よ、わたしはあなたに呼ばわりました。

ひたすら主に請い願いました、8「わたしが墓に下るならば、わたしの死になんの益があるでしょうか。ちりはあなたをほめたたえるでしょうか。あなたのまことをのべ伝えるでしょうか。9主よ、聞いてください、わたしをあわれんでください。主よ、わたしの助けとなってください」と。10

あなたはわたしのために、嘆きを踊りにかえ、荒布を解き、喜びをわたしの帯とされました。11

これはわたしの魂があなたをほめたたえて、口をつぐむことのないためです。

わが神、主よ、わたしはとこしえにあなたに感謝します。12

第31篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

主よ、わたしはあなたに寄り頼みます。

とこしえにわたしをはずかしめず、あなたの義をもってわたしをお助けください。1

あなたの耳をわたしに傾けて、すみやかにわたしをお救いください。

わたしのためにのがれの岩となり、わたしを救う堅固な城となってください。2

まことに、あなたはわたしの岩、わたしの城です。

み名のためにわたしを引き、わたしを導き、3わたしのためにひそかに設けた網からわたしを取り出してください。

あなたはわたしの避け所です。4

わたしは、わが魂をみ手にゆだねます。

主、まことの神よ、あなたはわたしをあがなわれました。5

あなたはむなしい偶像に心を寄せる者を憎まれます。

しかしわたしは主に信頼し、6あなたのいつくしみを喜び楽しみます。

あなたがわたしの苦しみをかえりみ、わたしの悩みにみこころをとめ、7わたしを敵の手にわたさず、わたしの足を広い所に立たせられたからです。8

主よ、わたしをあわれんでください。

わたしは悩み苦しんでいます。

わたしの目は憂いによって衰え、わたしの魂も、からだもまた衰えました。9

わたしのいのちは悲しみによって消えゆき、わたしの年は嘆きによって消えさり、わたしの力は苦しみによって尽き、わたしの骨は枯れはてました。10

わたしはすべてのあだにそしられる者となり、隣り人には恐れられ、知り人には恐るべき者となり、ちまたでわたしを見る者は避けて逃げます。11

わたしは死んだ者のように人の心に忘れられ、破れた器のようになりました。12

まことに、わたしは多くの人のささやくのを聞きます、「至る所に恐るべきことがある」と。

彼らはわたしに逆らってともに計り、わたしのいのちを取ろうと、たくらむのです。13

しかし、主よ、わたしはあなたに信頼して、言います、「あなたはわたしの神である」と。14

わたしの時はあなたのみ手にあります。

わたしをわたしの敵の手と、わたしを責め立てる者から救い出してください。15

み顔をしもべの上に輝かせ、いつくしみをもってわたしをお救いください。16

主よ、わたしはあなたに呼ばわります、わたしをはずかしめないでください。

悪しき者に恥をうけさせ、彼らをおしのようにして陰府に行かせてください。17

高ぶりと侮りとをもって正しい者をみだりにそしる偽りのくちびるをつぐませてください。18

あなたを恐れる者のためにたくわえ、あなたに寄り頼む者のために人の子らの前に施されたあなたの恵みはいかに大いなるものでしょう。19

あなたは彼らをみ前のひそかな所に隠して人々のはかりごとを免れさせ、また仮屋のうちに潜ませて舌の争いを避けさせられます。20

主はほむべきかな、包囲された町のようにわたしが囲まれたとき、主は驚くばかりに、いつくしみをわたしに示された。21

わたしは驚きあわてて言った、「わたしはあなたの目の前から断たれた」と。

しかしわたしがあなたに助けを呼び求めたとき、わたしの願いを聞きいれられた。22

すべての聖徒よ、主を愛せよ。

主は真実な者を守られるが、おごりふるまう者にはしたたかに報いられる。23

すべて主を待ち望む者よ、強くあれ、心を雄々しくせよ。24

第32篇

ダビデのマスキールの歌

そのとががゆるされ、その罪がおおい消される者はさいわいである。1

主によって不義を負わされず、その霊に偽りのない人はさいわいである。2

わたしが自分の罪を言いあらわさなかった時は、ひねもす苦しみうめいたので、わたしの骨はふるび衰えた。3

あなたのみ手が昼も夜も、わたしの上に重かったからである。

わたしの力は、夏のひでりによってかれるように、かれ果てた。4〔セラ

わたしは自分の罪をあなたに知らせ、自分の不義を隠さなかった。

わたしは言った、「わたしのとがを主に告白しよう」と。

その時あなたはわたしの犯した罪をゆるされた。5〔セラ

このゆえに、すべて神を敬う者はあなたに祈る。

大水の押し寄せる悩みの時にもその身に及ぶことはない。6

あなたはわたしの隠れ場であって、わたしを守って悩みを免れさせ、救をもってわたしを囲まれる。7〔セラ

わたしはあなたを教え、あなたの行くべき道を示し、わたしの目をあなたにとめて、さとすであろう。8

あなたはさとりのない馬のようであってはならない。

また騾馬のようであってはならない。

彼らはくつわ、たづなをもっておさえられなければ、あなたに従わないであろう。9

悪しき者は悲しみが多い。

しかし主に信頼する者はいつくしみで囲まれる。10

正しき者よ、主によって喜び楽しめ、すべて心の直き者よ、喜びの声を高くあげよ。11

第33篇

正しき者よ、主によって喜べ、さんびは直き者にふさわしい。1

琴をもって主をさんびせよ、十弦の立琴をもって主をほめたたえよ。2

新しい歌を主にむかって歌い、喜びの声をあげて巧みに琴をかきならせ。3

主のみことばは直く、そのすべてのみわざは真実だからである。4

主は正義と公平とを愛される。

地は主のいつくしみで満ちている。5

もろもろの天は主のみことばによって造られ、天の万軍は主の口の息によって造られた。6

主は海の水を水がめの中に集めるように集め、深い淵を倉におさめられた。7

全地は主を恐れ、世に住むすべての者は主を恐れかしこめ。8

主が仰せられると、そのようになり、命じられると、堅く立ったからである。9

主はもろもろの国のはかりごとをむなしくし、もろもろの民の企てをくじかれる。10

主のはかりごとはとこしえに立ち、そのみこころの思いは世々に立つ。11

主をおのが神とする国はさいわいである。

主がその嗣業として選ばれた民はさいわいである。12

主は天から見おろされ、すべての人の子らを見、13そのおられる所から地に住むすべての人をながめられる。14

主はすべて彼らの心を造り、そのすべてのわざに心をとめられる。15

王はその軍勢の多きによって救を得ない。

勇士はその力の大いなるによって助けを得ない。16

馬は勝利に頼みとならない。

その大いなる力も人を助けることはできない。17

見よ、主の目は主を恐れる者の上にあり、そのいつくしみを望む者の上にある。18

これは主が彼らの魂を死から救い、ききんの時にも生きながらえさせるためである。19

われらの魂は主を待ち望む。

主はわれらの助け、われらの盾である。20

われらは主の聖なるみ名に信頼するがゆえに、われらの心は主にあって喜ぶ。21

主よ、われらが待ち望むように、あなたのいつくしみをわれらの上にたれてください。22

第34篇

ダビデがアビメレクの前で狂ったさまをよそおい、追われて出ていったときの歌

わたしは常に主をほめまつる。

そのさんびはわたしの口に絶えない。1

わが魂は主によって誇る。

苦しむ者はこれを聞いて喜ぶであろう。2

わたしと共に主をあがめよ、われらは共にみ名をほめたたえよう。3

わたしが主に求めたとき、主はわたしに答え、すべての恐れからわたしを助け出された。4

主を仰ぎ見て、光を得よ、そうすれば、あなたがたは、恥じて顔を赤くすることはない。5

この苦しむ者が呼ばわったとき、主は聞いて、すべての悩みから救い出された。6

主の使は主を恐れる者のまわりに陣をしいて彼らを助けられる。7

主の恵みふかきことを味わい知れ、主に寄り頼む人はさいわいである。8

主の聖徒よ、主を恐れよ、主を恐れる者には乏しいことがないからである。9

若きししは乏しくなって飢えることがある。

しかし主を求める者は良き物に欠けることはない。10

子らよ、来てわたしに聞け、わたしは主を恐るべきことをあなたがたに教えよう。11

さいわいを見ようとして、いのちを慕い、ながらえることを好む人はだれか。12

あなたの舌をおさえて悪を言わせず、あなたのくちびるをおさえて偽りを言わすな。13

悪を離れて善をおこない、やわらぎを求めて、これを努めよ。14

主の目は正しい人をかえりみ、その耳は彼らの叫びに傾く。15

主のみ顔は悪を行う者にむかい、その記憶を地から断ち滅ぼされる。16

正しい者が助けを叫び求めるとき、主は聞いて、彼らをそのすべての悩みから助け出される。17

主は心の砕けた者に近く、たましいの悔いくずおれた者を救われる。18

正しい者には災が多い。

しかし、主はすべてその中から彼を助け出される。19

主は彼の骨をことごとく守られる。

その一つだに折られることはない。20

悪は悪しき者を殺す。

正しい者を憎む者は罪に定められる。21

主はそのしもべらの命をあがなわれる。

主に寄り頼む者はひとりだに罪に定められることはない。22

第35篇

ダビデの歌

主よ、わたしと争う者とあらそい、わたしと戦う者と戦ってください。1

盾と大盾とを執って、わたしを助けるために立ちあがってください。2

やりと投げやりとを抜いて、わたしに追い迫る者に立ちむかい、「わたしはおまえの救である」と、わたしに言ってください。3

どうか、わたしの命を求める者をはずかしめ、いやしめ、わたしにむかって悪をたくらむ者を退け、あわてふためかせてください。4

彼らを風の前のもみがらのようにし、主の使に彼らを追いやらせてください。5

彼らの道を暗く、なめらかにし、主の使に彼らを追い行かせてください。6

彼らはゆえなくわたしのために網を隠し、ゆえなくわたしのために穴を掘ったからです。7

不意に滅びを彼らに臨ませ、みずから隠した網にとらえられ、彼らを滅びに陥らせてください。8

そのときわが魂は主によって喜び、その救をもって楽しむでしょう。9

わたしの骨はことごとく言うでしょう、「主よ、だれかあなたにたぐうべき者がありましょう。あなたは弱い者を強い者から助け出し、弱い者と貧しい者を、かすめ奪う者から助け出される方です」と。10

悪意のある証人が起って、わたしの知らない事をわたしに尋ねる。11

彼らは悪をもってわたしの善に報い、わが魂を寄るべなき者とした。12

しかし、わたしは彼らが病んだとき、荒布をまとい、断食してわが身を苦しめた。

わたしは胸にこうべをたれて祈った、13ちょうど、わが友、わが兄弟のために悲しんだかのように。

わたしは母をいたむ者のように悲しみうなだれて歩きまわった。14

しかし彼らはわたしのつまずくとき、喜びつどい、ともに集まってわたしを責めた。

わたしの知らない他国の者はわたしをののしってやめなかった。15

彼らはますます、けがす言葉をもってあざけり、わたしにむかって歯をかみならした。16

主よ、いつまであなたはながめておられますか、わたしを彼らの破壊から、わたしのいのちを若きししから救い出してください。17

わたしは大いなるつどいの中で、あなたに感謝し、多くの民の中で、あなたをほめたたえるでしょう。18

偽ってわたしの敵となった者どものわたしについて喜ぶことを許さないでください。

ゆえなく、わたしを憎む者どものたがいに目くばせすることを許さないでください。19

彼らは平和を語らず、国のうちに穏やかに住む者にむかって欺きの言葉をたくらむからです。20

彼らはわたしにむかって口をあけひろげ、「あはぁ、あはぁ、われらの目はそれを見た」と言います。21

主よ、あなたはこれを見られました。

もださないでください。

主よ、わたしに遠ざからないでください。22

わが神、わが主よ、わがさばきのため、わが訴えのために奮いたち、目をさましてください。23

わが神、主よ、あなたの義にしたがってわたしをさばき、わたしの事について彼らを喜ばせないでください。24

彼らにその心のうちで、「あはぁ、われらの願ったことが達せられた」と言わせないでください。

また彼らに「われらは彼を滅ぼしつくした」と言わせないでください。25

わたしの災を喜ぶ者どもをともに恥じ、あわてふためかせてください。

わたしにむかって誇りたかぶる者どもに恥と、はずかしめとを着せてください。26

わたしの義を喜ぶ者をば喜びの声をあげて喜ばせ、「そのしもべの幸福を喜ばれる主は大いなるかな」とつねに言わせてください。27

わたしの舌はひねもすあなたの義と、あなたの誉とを語るでしょう。28

第36篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせた主のしもべダビデの歌

とがは悪しき者にむかい、その心のうちに言う。

その目の前に神を恐れる恐れはない。1

彼は自分の不義があらわされないため、また憎まれないために、みずからその目でおもねる。2

その口の言葉はよこしまと欺きである。

彼は知恵を得ることと、善を行う事とをやめた。3

彼はその床の上でよこしまな事をたくらみ、よからぬ道に身をおいて、悪をきらわない。4

主よ、あなたのいつくしみは天にまで及び、あなたのまことは雲にまで及ぶ。5

あなたの義は神の山のごとく、あなたのさばきは大きな淵のようだ。

主よ、あなたは人と獣とを救われる。6

神よ、あなたのいつくしみはいかに尊いことでしょう。

人の子らはあなたの翼のかげに避け所を得、7あなたの家の豊かなのによって飽き足りる。

あなたはその楽しみの川の水を彼らに飲ませられる。8

いのちの泉はあなたのもとにあり、われらはあなたの光によって光を見る。9

どうか、あなたを知る者に絶えずいつくしみを施し、心の直き者に絶えず救を施してください。10

高ぶる者の足がわたしを踏み、悪しき者の手がわたしを追い出すことをゆるさないでください。11

悪を行う者はそこに倒れ、彼らは打ち伏せられて、起きあがることはできない。12

第37篇

ダビデの歌

悪をなす者のゆえに、心を悩ますな。

不義を行う者のゆえに、ねたみを起すな。1

彼らはやがて草のように衰え、青菜のようにしおれるからである。2

主に信頼して善を行え。

そうすればあなたはこの国に住んで、安きを得る。3

主によって喜びをなせ。

主はあなたの心の願いをかなえられる。4

あなたの道を主にゆだねよ。

主に信頼せよ、主はそれをなしとげ、5あなたの義を光のように明らかにし、あなたの正しいことを真昼のように明らかにされる。6

主の前にもだし、耐え忍びて主を待ち望め。

おのが道を歩んで栄える者のゆえに、悪いはかりごとを遂げる人のゆえに、心を悩ますな。7

怒りをやめ、憤りを捨てよ。

心を悩ますな、これはただ悪を行うに至るのみだ。8

悪を行う者は断ち滅ぼされ、主を待ち望む者は国を継ぐからである。9

悪しき者はただしばらくで、うせ去る。

あなたは彼の所をつぶさに尋ねても彼はいない。10

しかし柔和な者は国を継ぎ、豊かな繁栄をたのしむことができる。11

悪しき者は正しい者にむかってはかりごとをめぐらし、これにむかって歯がみする。12

しかし主は悪しき者を笑われる、彼の日の来るのを見られるからである。13

悪しき者はつるぎを抜き、弓を張って、貧しい者と乏しい者とを倒し、直く歩む者を殺そうとする。14

しかしそのつるぎはおのが胸を刺し、その弓は折られる。15

正しい人の持ち物の少ないのは、多くの悪しきの者の豊かなのにまさる。16

悪しき者の腕は折られるが、主は正しい者を助けささえられるからである。17

主は全き者のもろもろの日を知られる。

彼らの嗣業はとこしえに続く。18

彼らは災の時にも恥をこうむらず、ききんの日にも飽き足りる。19

しかし、悪しき者は滅び、主の敵は牧場の栄えの枯れるように消え、煙のように消えうせる。20

悪しき者は物を借りて返すことをしない。

しかし正しい人は寛大で、施し与える。21

主に祝福された者は国を継ぎ、主にのろわれた者は断ち滅ぼされる。22

人の歩みは主によって定められる。

主はその行く道を喜ばれる。23

たといその人が倒れても、全く打ち伏せられることはない、主がその手を助けささえられるからである。24

わたしは、むかし年若かった時も、年老いた今も、正しい人が捨てられ、あるいはその子孫が食物を請いあるくのを見たことがない。25

正しい人は常に寛大で、物を貸し与え、その子孫は祝福を得る。26

悪をさけて、善を行え。

そうすれば、あなたはとこしえに住むことができる。27

主は公義を愛し、その聖徒を見捨てられないからである。

正しい者はとこしえに助け守られる。

しかし、悪しき者の子孫は断ち滅ぼされる。28

正しい者は国を継ぎ、とこしえにその中に住むことができる。29

正しい者の口は知恵を語り、その舌は公義を述べる。30

その心には神のおきてがあり、その歩みはすべることがない。31

悪しき者は正しい人をうかがい、これを殺そうとはかる。32

主は正しい人を悪しき者の手にゆだねられない、またさばかれる時、これを罪に定められることはない。33

主を待ち望め、その道を守れ。

そうすれば、主はあなたを上げて、国を継がせられる。

あなたは悪しき者の断ち滅ぼされるのを見るであろう。34

わたしは悪しき者が勝ち誇って、レバノンの香柏のようにそびえたつのを見た。35

しかし、わたしが通り過ぎると、見よ、彼はいなかった。

わたしは彼を尋ねたけれども見つからなかった。36

全き人に目をそそぎ、直き人を見よ。

おだやかな人には子孫がある。37

しかし罪を犯す者どもは共に滅ぼされ、悪しき者の子孫は断たれる。38

正しい人の救は主から出る。

主は彼らの悩みの時の避け所である。39

主は彼らを助け、彼らを解き放ち、彼らを悪しき者どもから解き放って救われる。

彼らは主に寄り頼むからである。40

第38篇

記念のためにうたったダビデの歌

主よ、あなたの憤りをもってわたしを責めず、激しい怒りをもってわたしを懲らさないでください。1

あなたの矢がわたしに突き刺さり、あなたの手がわたしの上にくだりました。2

あなたの怒りによって、わたしの肉には全きところなく、わたしの罪によって、わたしの骨には健やかなところはありません。3

わたしの不義はわたしの頭を越え、重荷のように重くて負うことができません。4

わたしの愚かによって、わたしの傷は悪臭を放ち、腐れただれました。5

わたしは折れかがんで、いたくうなだれ、ひねもす悲しんで歩くのです。6

わたしの腰はことごとく焼け、わたしの肉には全きところがありません。7

わたしは衰えはて、いたく打ちひしがれ、わたしの心の激しい騒ぎによってうめき叫びます。8

主よ、わたしのすべての願いはあなたに知られ、わたしの嘆きはあなたに隠れることはありません。9

わたしの胸は激しく打ち、わたしの力は衰え、わたしの目の光もまた、わたしを離れ去りました。10

わが友、わがともがらはわたしの災を見て離れて立ち、わが親族もまた遠く離れて立っています。11

わたしのいのちを求める者はわなを設け、わたしをそこなおうとする者は滅ぼすことを語り、ひねもす欺くことをはかるのです。12

しかしわたしは耳しいのように聞かず、おしのように口を開きません。13

まことに、わたしは聞かない人のごとく、議論を口にしない人のようです。14

しかし、主よ、わたしはあなたを待ち望みます。

わが神、主よ、あなたこそわたしに答えられるのです。15

わたしは祈ります、「わが足のすべるとき、わたしにむかって高ぶる彼らにわたしのことによって喜ぶことをゆるさないでください」と。16

わたしは倒れるばかりになり、わたしの苦しみは常にわたしと共にあります。17

わたしは、みずから不義を言いあらわし、わが罪のために悲しみます。18

ゆえなく、わたしに敵する者は強く、偽ってわたしを憎む者は多いのです。19

悪をもって善に報いる者は、わたしがよい事に従うがゆえに、わがあだとなります。20

主よ、わたしを捨てないでください。

わが神よ、わたしに遠ざからないでください。21

主、わが救よ、すみやかにわたしをお助けください。22

第39篇

聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせたダビデの歌

わたしは言った、「舌をもって罪を犯さないために、わたしの道を慎み、悪しき者のわたしの前にある間はわたしの口にくつわをかけよう」と。1

わたしは黙して物言わず、むなしく沈黙を守った。

しかし、わたしの悩みはさらにひどくなり、2わたしの心はわたしのうちに熱し、思いつづけるほどに火が燃えたので、わたしは舌をもって語った。3

「主よ、わが終りと、わが日の数のどれほどであるかをわたしに知らせ、わが命のいかにはかないかを知らせてください。4

見よ、あなたはわたしの日をつかのまとされました。

わたしの一生はあなたの前では無にひとしいのです。

まことに、すべての人はその盛んな時でも息にすぎません。5〔セラ

まことに人は影のように、さまよいます。

まことに彼らはむなしい事のために騒ぎまわるのです。

彼は積みたくわえるけれども、だれがそれを収めるかを知りません。6

主よ、今わたしは何を待ち望みましょう。

わたしの望みはあなたにあります。7

わたしをすべてのとがから助け出し、愚かな者にわたしをあざけらせないでください。8

わたしは黙して口を開きません。

あなたがそれをなされたからです。9

あなたが下された災をわたしから取り去ってください。

わたしはあなたのみ手に打ち懲らされることにより滅びるばかりです。10

あなたは罪を責めて人を懲らされるとき、その慕い喜ぶものを、しみが食うように、消し滅ぼされるのです。

まことにすべての人は息にすぎません。11〔セラ

主よ、わたしの祈を聞き、わたしの叫びに耳を傾け、わたしの涙を見て、もださないでください。

わたしはあなたに身を寄せる旅びと、わがすべての先祖たちのように寄留者です。12

わたしが去って、うせない前に、み顔をそむけて、わたしを喜ばせてください」。13

第40篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

わたしは耐え忍んで主を待ち望んだ。

主は耳を傾けて、わたしの叫びを聞かれた。1

主はわたしを滅びの穴から、泥の沼から引きあげて、わたしの足を岩の上におき、わたしの歩みをたしかにされた。2

主は新しい歌をわたしの口に授け、われらの神にささげるさんびの歌をわたしの口に授けられた。

多くの人はこれを見て恐れ、かつ主に信頼するであろう。3

主をおのが頼みとする人、高ぶる者にたよらず、偽りの神に迷う者にたよらない人はさいわいである。4

わが神、主よ、あなたのくすしきみわざと、われらを思うみおもいとは多くて、くらべうるものはない。

わたしはこれを語り述べようとしても多くて数えることはできない。5

あなたはいけにえと供え物とを喜ばれない。

あなたはわたしの耳を開かれた。

あなたは燔祭と罪祭とを求められない。6

その時わたしは言った、「見よ、わたしはまいります。書の巻に、わたしのためにしるされています。7わが神よ、わたしはみこころを行うことを喜びます。あなたのおきてはわたしの心のうちにあります」と。8

わたしは大いなる集会で、救についての喜びのおとずれを告げ示しました。

見よ、わたしはくちびるを閉じませんでした。

主よ、あなたはこれをご存じです。9

わたしはあなたの救を心のうちに隠しおかず、あなたのまことと救とを告げ示しました。

わたしはあなたのいつくしみとまこととを大いなる集会に隠しませんでした。10

主よ、あなたのあわれみをわたしに惜しまず、あなたのいつくしみとまこととをもって常にわたしをお守りください。11

数えがたい災がわたしを囲み、わたしの不義がわたしに追い迫って、物見ることができないまでになりました。

それはわたしの頭の毛よりも多く、わたしの心は消えうせるばかりになりました。12

主よ、みこころならばわたしをお救いください。

主よ、すみやかにわたしをお助けください。13

わたしのいのちを奪おうと尋ね求める者どもをことごとく恥じあわてさせてください。

わたしのそこなわれることを願う者どもをうしろに退かせ、恥を負わせてください。14

わたしにむかって「あはぁ、あはぁ」と言う者どもを自分の恥によって恐れおののかせてください。15

しかし、すべてあなたを尋ね求める者はあなたによって喜び楽しむように。

あなたの救を愛する者は常に「主は大いなるかな」ととなえるように。16

わたしは貧しく、かつ乏しい。

しかし主はわたしをかえりみられます。

あなたはわが助け、わが救主です。

わが神よ、ためらわないでください。17

第41篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

貧しい者をかえりみる人はさいわいである。

主はそのような人を悩みの日に救い出される。1

主は彼を守って、生きながらえさせられる。

彼はこの地にあって、さいわいな者と呼ばれる。

あなたは彼をその敵の欲望にわたされない。2

主は彼をその病の床でささえられる。

あなたは彼の病む時、その病をことごとくいやされる。3

わたしは言った、「主よ、わたしをあわれみ、わたしをいやしてください。わたしはあなたにむかって罪を犯しました」と。4

わたしの敵はわたしをそしって言う、「いつ彼は死に、その名がほろびるであろうか」と。5

そのひとりがわたしを見ようとして来るとき、彼は偽りを語り、その心によこしまを集め、外に出てはそれを言いふらす。6

すべてわたしを憎む者はわたしについて共にささやき、わたしのために災を思いめぐらす。7

彼らは言う、「彼に一つのたたりがつきまとったから、倒れ伏して再び起きあがらないであろう」と。8

わたしの信頼した親しい友、わたしのパンを食べた親しい友さえもわたしにそむいてくびすをあげた。9

しかし主よ、わたしをあわれみ、わたしを助け起してください。

そうすればわたしは彼らに報い返すことができます。10

わたしの敵がわたしに打ち勝てないことによって、あなたがわたしを喜ばれることをわたしは知ります。11

あなたはわたしの全きによって、わたしをささえ、とこしえにみ前に置かれます。12

イスラエルの神、主はとこしえからとこしえまでほむべきかな。

アァメン、アァメン。13

第42篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたコラの子のマスキールの歌

神よ、しかが谷川を慕いあえぐように、わが魂もあなたを慕いあえぐ。1

わが魂はかわいているように神を慕い、いける神を慕う。

いつ、わたしは行って神のみ顔を見ることができるだろうか。2

人々がひねもすわたしにむかって「おまえの神はどこにいるのか」と言いつづける間はわたしの涙は昼も夜もわたしの食物であった。3

わたしはかつて祭を守る多くの人と共に群れをなして行き、喜びと感謝の歌をもって彼らを神の家に導いた。

今これらの事を思い起して、わが魂をそそぎ出すのである。4

わが魂よ、何ゆえうなだれるのか。

何ゆえわたしのうちに思いみだれるのか。

神を待ち望め。

わたしはなおわが助け、わが神なる主をほめたたえるであろう。5

わが魂はわたしのうちにうなだれる。

それで、わたしはヨルダンの地から、またヘルモンから、ミザルの山からあなたを思い起す。6

あなたの大滝の響きによって淵々呼びこたえ、あなたの波、あなたの大波はことごとくわたしの上を越えていった。7

昼には、主はそのいつくしみをほどこし、夜には、その歌すなわちわがいのちの神にささげる祈がわたしと共にある。8

わたしはわが岩なる神に言う、「何ゆえわたしをお忘れになりましたか。何ゆえわたしは敵のしえたげによって悲しみ歩くのですか」と。9

わたしのあだは骨も砕けるばかりにわたしをののしり、ひねもすわたしにむかって「おまえの神はどこにいるのか」と言う。10

わが魂よ、何ゆえうなだれるのか。

何ゆえわたしのうちに思いみだれるのか。

神を待ち望め。

わたしはなおわが助け、わが神なる主をほめたたえるであろう。11

第43篇

神よ、わたしをさばき、神を恐れない民にむかって、わたしの訴えをあげつらい、たばかりをなすよこしまな人からわたしを助け出してください。1

あなたはわたしの寄り頼む神です。

なぜわたしを捨てられたのですか。

なぜわたしは敵のしえたげによって悲しみ歩くのですか。2

あなたの光とまこととを送ってわたしを導き、あなたの聖なる山と、あなたの住まわれる所にわたしをいたらせてください。3

その時わたしは神の祭壇へ行き、わたしの大きな喜びである神へ行きます。

神よ、わが神よ、わたしは琴をもってあなたをほめたたえます。4

わが魂よ、何ゆえうなだれるのか。

何ゆえわたしのうちに思いみだれるのか。

神を待ち望め。

わたしはなおわが助け、わが神なる主をほめたたえるであろう。5

第44篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたコラの子のマスキールの歌

神よ、いにしえ、われらの先祖たちの日に、あなたがなされたみわざを彼らがわれらに語ったのを耳で聞きました。1

すなわちあなたはみ手をもって、もろもろの国民を追い払ってわれらの先祖たちを植え、またもろもろの民を悩まして、われらの先祖たちをふえ広がらせられました。2

彼らは自分のつるぎによって国を獲たのでなく、また自分の腕によって勝利を得たのでもありません。

ただあなたの右の手、あなたの腕、あなたのみ顔の光によるのでした。

あなたが彼らを恵まれたからです。3

あなたはわが王、わが神、ヤコブのために勝利を定められる方です。4

われらはあなたによって、あだを押し倒し、われらに立ちむかう者を、み名によって踏みにじるのです。5

わたしは自分の弓を頼まず、わたしのつるぎもまた、わたしを救うことができないからです。6

しかしあなたはわれらをあだから救い、われらを憎む者をはずかしめられました。7

われらは常に神によって誇り、とこしえにあなたのみ名に感謝するでしょう。8〔セラ

ところがあなたはわれらを捨てて恥を負わせ、われらの軍勢と共に出て行かれませんでした。9

あなたがわれらをあだの前から退かせられたので、われらの敵は心のままにかすめ奪いました。10

あなたはわれらをほふられる羊のようにし、またもろもろの国民のなかに散らされました。11

あなたはわずかの金であなたの民を売り、彼らのために高い価を求められませんでした。12

あなたはわれらを隣り人にそしらせ、われらをめぐる者どもに侮らせ、あざけらせられました。13

またもろもろの国民のなかにわれらを笑い草とし、もろもろの民のなかに笑い者とされました。14

わがはずかしめはひねもすわたしの前にあり、恥はわたしの顔をおおいました。15

これはそしる者と、ののしる者の言葉により、敵と、恨みを報いる者のゆえによるのです。16

これらの事が皆われらに臨みましたが、われらはあなたを忘れず、あなたの契約にそむくことがありませんでした。17

われらの心はたじろがず、またわれらの歩みはあなたの道を離れませんでした。18

それでもあなたは山犬の住む所でわれらを砕き、暗やみをもってわれらをおおわれました。19

われらがもしわれらの神の名を忘れ、ほかの神に手を伸べたことがあったならば、20神はこれを見あらわされないでしょうか。

神は心の秘密をも知っておられるからです。21

ところがわれらはあなたのためにひねもす殺されて、ほふられる羊のようにみなされました。22

主よ、起きてください。

なぜ眠っておられるのですか。

目をさましてください。

われらをとこしえに捨てないでください。23

なぜあなたはみ顔を隠されるのですか。

なぜわれらの悩みと、しえたげをお忘れになるのですか。24

まことにわれらの魂はかがんで、ちりに伏し、われらのからだは土につきました。25

起きて、われらをお助けください。

あなたのいつくしみのゆえに、われらをあがなってください。26

第45篇

聖歌隊の指揮者によってゆりの花のしらべにあわせてうたわせたコラの子のマスキールの歌、愛の歌

わたしの心はうるわしい言葉であふれる。

わたしは王についてよんだわたしの詩を語る。

わたしの舌はすみやかに物書く人の筆のようだ。1

あなたは人の子らにまさって麗しく、気品がそのくちびるに注がれている。

このゆえに神はとこしえにあなたを祝福された。2

ますらおよ、光栄と威厳とをもって、つるぎを腰に帯びよ。3

真理のため、また正義を守るために威厳をもって、勝利を得て乗り進め。

あなたの右の手はあなたに恐るべきわざを教えるであろう。4

あなたの矢は鋭くて、王の敵の胸をつらぬき、もろもろの民はあなたのもとに倒れる。5

神から賜わったあなたの位は永遠にかぎりなく続き、あなたの王のつえは公平のつえである。6

あなたは義を愛し、悪を憎む。

このゆえに神、あなたの神は喜びの油をあなたのともがらにまさって、あなたに注がれた。7

あなたの衣はみな没薬、芦薈、肉桂で、よいかおりを放っている。

琴の音は象牙の殿から出て、あなたを喜ばせる。8

あなたの愛する女たちのうちには王の娘たちがあり、王妃はオフルの金を飾って、あなたの右に立つ。9

娘よ、聞け、かえりみて耳を傾けよ。

あなたの民と、あなたの父の家とを忘れよ。10

王はあなたのうるわしさを慕うであろう。

彼はあなたの主であるから、彼を伏しおがめ。11

ツロの民は贈り物をもちきたり、民のうちの富める者もあなたの好意を請い求める。12

王の娘は殿のうちで栄えをきわめ、こがねを織り込んだ衣を着飾っている。13

彼女は縫い取りした衣を着て王のもとに導かれ、その供びとなるおとめらは彼女に従ってその行列にある。14

彼らは喜びと楽しみとをもって導かれ行き、王の宮殿にはいる。15

あなたの子らは父祖に代って立ち、あなたは彼らを全地に君とするであろう。16

わたしはあなたの名をよろず代におぼえさせる。

このゆえにもろもろの民は世々かぎりなくあなたをほめたたえるであろう。17

第46篇

聖歌隊の指揮者によって女の声のしらべにあわせてうたわせたコラの子の歌

神はわれらの避け所また力である。

悩める時のいと近き助けである。1

このゆえに、たとい地は変り、山は海の真中に移るとも、われらは恐れない。2

たといその水は鳴りとどろき、あわだつとも、そのさわぎによって山は震え動くとも、われらは恐れない。3〔セラ

一つの川がある。

その流れは神の都を喜ばせ、いと高き者の聖なるすまいを喜ばせる。4

神がその中におられるので、都はゆるがない。

神は朝はやく、これを助けられる。5

もろもろの民は騒ぎたち、もろもろの国は揺れ動く、神がその声を出されると地は溶ける。6

万軍の主はわれらと共におられる、ヤコブの神はわれらの避け所である。7〔セラ

来て、主のみわざを見よ、主は驚くべきことを地に行われた。8

主は地のはてまでも戦いをやめさせ、弓を折り、やりを断ち、戦車を火で焼かれる。9

「静まって、わたしこそ神であることを知れ。

わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる」。10

万軍の主はわれらと共におられる、ヤコブの神はわれらの避け所である。11〔セラ

第47篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたコラの子の歌

もろもろの民よ、手をうち、喜びの声をあげ、神にむかって叫べ。1

いと高き主は恐るべく、全地をしろしめす大いなる王だからである。2

主はもろもろの民をわれらに従わせ、もろもろの国をわれらの足の下に従わせられた。3

主はその愛されたヤコブの誇をわれらの嗣業として、われらのために選ばれた。4〔セラ

神は喜び叫ぶ声と共にのぼり、主はラッパの声と共にのぼられた。5

神をほめうたえよ、ほめうたえよ、われらの王をほめうたえよ、ほめうたえよ。6

神は全地の王である。

巧みな歌をもってほめうたえよ。7

神はもろもろの国民を統べ治められる。

神はその聖なるみくらに座せられる。8

もろもろの民の君たちはつどい来て、アブラハムの神の民となる。9

地のもろもろの盾は神のものである。

神は大いにあがめられる。10

第48篇

コラの子の歌、さんび

主は大いなる神であって、われらの神の都、その聖なる山で、大いにほめたたえらるべき方である。1

シオンの山は北の端が高くて、うるわしく、全地の喜びであり、大いなる王の都である。2

そのもろもろの殿のうちに神はみずからを高きやぐらとして現された。3

見よ、王らは相会して共に進んできたが、4彼らは都を見るや驚き、あわてふためき、急ぎ逃げ去った。5

おののきは彼らに臨み、その苦しみは産みの苦しみをする女のようであった。6

あなたは東風を起してタルシシの舟を破られた。7

さきにわれらが聞いたように、今われらは万軍の主の都、われらの神の都でこれを見ることができた。

神はとこしえにこの都を堅くされる。8〔セラ

神よ、われらはあなたの宮のうちであなたのいつくしみを思いました。9

神よ、あなたの誉は、あなたのみ名のように、地のはてにまで及びます。

あなたの右の手は勝利で満ちています。10

あなたのさばきのゆえに、シオンの山を喜ばせ、ユダの娘を楽しませてください。11

シオンのまわりを歩き、あまねくめぐって、そのやぐらを数え、12その城壁に心をとめ、そのもろもろの殿をしらべよ。

これはあなたがたが後の代に語り伝えるためである。13

これこそ神であり、世々かぎりなくわれらの神であって、とこしえにわれらを導かれるであろう。14

第49篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたコラの子の歌

もろもろの民よ、これを聞け、すべて世に住む者よ、耳を傾けよ。1

低きも高きも、富めるも貧しきも、共に耳を傾けよ。2

わが口は知恵を語り、わが心は知識を思う。3

わたしは耳をたとえに傾け、琴を鳴らして、わたしのなぞを解き明かそう。4

わたしをしえたげる者の不義がわたしを取り囲む悩みの日に、どうして恐れなければならないのか。5

彼らはおのが富をたのみ、そのたからの多いのを誇る人々である。6

まことに人はだれも自分をあがなうことはできない。

そのいのちの価を神に払うことはできない。7

とこしえに生きながらえて、墓を見ないためにそのいのちをあがなうには、あまりに価高くて、それを満足に払うことができないからである。8-9

まことに賢い人も死に、愚かな者も、獣のような者も、ひとしく滅んで、その富を他人に残すことは人の見るところである。10

たとい彼らはその地を自分の名をもって呼んでも、墓こそ彼らのとこしえのすまい、世々彼らのすみかである。11

人は栄華のうちに長くとどまることはできない、滅びうせる獣にひとしい。12

これぞ自分をたのむ愚かな者どもの成りゆき、自分の分け前を喜ぶ者どもの果である。13〔セラ

彼らは陰府に定められた羊のように死が彼らを牧するであろう。

彼らはまっすぐに墓に下り、そのかたちは消えうせ、陰府が彼らのすまいとなるであろう。14

しかし神はわたしを受けられるゆえ、わたしの魂を陰府の力からあがなわれる。15〔セラ

人が富を得るときも、その家の栄えが増し加わるときも、恐れてはならない。16

彼が死ぬときは何ひとつ携え行くことができず、その栄えも彼に従って下って行くことはないからである。17

たとい彼が生きながらえる間、自分を幸福と思っても、またみずから幸な時に、人々から称賛されても、18彼はついにおのれの先祖の仲間に連なる。

彼らは絶えて光を見ることがない。19

人は栄華のうちに長くとどまることはできない。

滅びうせる獣にひとしい。20

第50篇

アサフの歌

全能者なる神、主は詔して、日の出るところから日の入るところまであまねく地に住む者を召し集められる。1

神は麗しさのきわみであるシオンから光を放たれる。2

われらの神は来て、もだされない。

み前には焼きつくす火があり、そのまわりには、はげしい暴風がある。3

神はその民をさばくために、上なる天および地に呼ばわれる、4「いけにえをもってわたしと契約を結んだわが聖徒をわたしのもとに集めよ」と。5

天は神の義をあらわす、神はみずから、さばきぬしだからである。6〔セラ

「わが民よ、聞け、わたしは言う。

イスラエルよ、わたしはあなたにむかってあかしをなす。

わたしは神、あなたの神である。7

わたしがあなたを責めるのは、あなたのいけにえのゆえではない。

あなたの燔祭はいつもわたしの前にある。8

わたしはあなたの家から雄牛を取らない。

またあなたのおりから雄やぎを取らない。9

林のすべての獣はわたしのもの、丘の上の千々の家畜もわたしのものである。10

わたしは空の鳥をことごとく知っている。

野に動くすべてのものはわたしのものである。11

たといわたしは飢えても、あなたに告げない、世界とその中に満ちるものとはわたしのものだからである。12

わたしは雄牛の肉を食べ、雄やぎの血を飲むだろうか。13

感謝のいけにえを神にささげよ。

あなたの誓いをいと高き者に果せ。14

悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」。15

しかし神は悪しき者に言われる、

「あなたはなんの権利があってわたしの定めを述べ、わたしの契約を口にするのか。16

あなたは教を憎み、わたしの言葉を捨て去った。17

あなたは盗びとを見ればこれとむつみ、姦淫を行う者と交わる。18

あなたはその口を悪にわたし、あなたの舌はたばかりを仕組む。19

あなたは座してその兄弟をそしり、自分の母の子をののしる。20

あなたがこれらの事をしたのを、わたしが黙っていたので、あなたはわたしを全く自分とひとしい者と思った。

しかしわたしはあなたを責め、あなたの目の前にその罪をならべる。21

神を忘れる者よ、このことを思え。

さもないとわたしはあなたをかき裂く。

そのときだれも助ける者はないであろう。22

感謝のいけにえをささげる者はわたしをあがめる。

自分のおこないを慎む者にはわたしは神の救を示す」。23