コリント人への第一の手紙 11章

わたしがキリストにならう者であるように、あなたがたもわたしにならう者になりなさい。1

あなたがたが、何かにつけわたしを覚えていて、あなたがたに伝えたとおりに言伝えを守っているので、わたしは満足に思う。2

しかし、あなたがたに知っていてもらいたい。すべての男のかしらはキリストであり、女のかしらは男であり、キリストのかしらは神である。3

祈をしたり預言をしたりする時、かしらに物をかぶる男は、そのかしらをはずかしめる者である。4

祈をしたり預言をしたりする時、かしらにおおいをかけない女は、そのかしらをはずかしめる者である。それは、髪をそったのとまったく同じだからである。5

もし女がおおいをかけないなら、髪を切ってしまうがよい。髪を切ったりそったりするのが、女にとって恥ずべきことであるなら、おおいをかけるべきである。6

男は、神のかたちであり栄光であるから、かしらに物をかぶるべきではない。女は、また男の光栄である。7

なぜなら、男が女から出たのではなく、女が男から出たのだからである。8

また、男は女のために造られたのではなく、女が男のために造られたのである。9

それだから、女は、かしらに権威のしるしをかぶるべきである。それは天使たちのためでもある。10

ただ、主にあっては、男なしには女はないし、女なしには男はない。11

それは、女が男から出たように、男もまた女から生れたからである。そして、すべてのものは神から出たのである。12

あなたがた自身で判断してみるがよい。女がおおいをかけずに神に祈るのは、ふさわしいことだろうか。13

自然そのものが教えているではないか。男に長い髪があれば彼の恥になり、14

女に長い髪があれば彼女の光栄になるのである。長い髪はおおいの代りに女に与えられているものだからである。15

しかし、だれかがそれに反対の意見を持っていても、そんな風習はわたしたちにはなく、神の諸教会にもない。16

ところで、次のことを命じるについては、あなたがたをほめるわけにはいかない。というのは、あなたがたの集まりが利益にならないで、かえって損失になっているからである。17

まず、あなたがたが教会に集まる時、お互の間に分争があることを、わたしは耳にしており、そしていくぶんか、それを信じている。18

たしかに、あなたがたの中でほんとうの者が明らかにされるためには、分派もなければなるまい。19

そこで、あなたがたが一緒に集まるとき、主の晩餐を守ることができないでいる。20

というのは、食事の際、各自が自分の晩餐をかってに先に食べるので、飢えている人があるかと思えば、酔っている人がある始末である。21

あなたがたには、飲み食いをする家がないのか。それとも、神の教会を軽んじ、貧しい人々をはずかしめるのか。わたしはあなたがたに対して、なんと言おうか。あなたがたを、ほめようか。この事では、ほめるわけにはいかない。22

わたしは、主から受けたことを、また、あなたがたに伝えたのである。すなわち、主イエスは、渡される夜、パンをとり、23

感謝してこれをさき、そして言われた、「これはあなたがたのための、わたしのからだである。わたしを記念するため、このように行いなさい」。24

食事ののち、杯をも同じようにして言われた、「この杯は、わたしの血による新しい契約である。飲むたびに、わたしの記念として、このように行いなさい」。25

だから、あなたがたは、このパンを食し、この杯を飲むごとに、それによって、主がこられる時に至るまで、主の死を告げ知らせるのである。26

だから、ふさわしくないままでパンを食し主の杯を飲む者は、主のからだと血とを犯すのである。27

だれでもまず自分を吟味し、それからパンを食べ杯を飲むべきである。28

主のからだをわきまえないで飲み食いする者は、その飲み食いによって自分にさばきを招くからである。29

あなたがたの中に、弱い者や病人が大ぜいおり、また眠った者も少なくないのは、そのためである。30

しかし、自分をよくわきまえておくならば、わたしたちはさばかれることはないであろう。31

しかし、さばかれるとすれば、それは、この世と共に罪に定められないために、主の懲らしめを受けることなのである。32

それだから、兄弟たちよ。食事のために集まる時には、互に待ち合わせなさい。33

もし空腹であったら、さばきを受けに集まることにならないため、家で食べるがよい。そのほかの事は、わたしが行った時に、定めることにしよう。34