テサロニケ人への第一の手紙 5章

兄弟たちよ。その時期と場合とについては、書きおくる必要はない。1

あなたがた自身がよく知っているとおり、主の日は盗人が夜くるように来る。2

人々が平和だ無事だと言っているその矢先に、ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むように、突如として滅びが彼らをおそって来る。そして、それからのがれることは決してできない。3

しかし兄弟たちよ。あなたがたは暗やみの中にいないのだから、その日が、盗人のようにあなたがたを不意に襲うことはないであろう。4

あなたがたはみな光の子であり、昼の子なのである。わたしたちは、夜の者でもやみの者でもない。5

だから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして慎んでいよう。6

眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うのである。7

しかし、わたしたちは昼の者なのだから、信仰と愛との胸当を身につけ、救の望みのかぶとをかぶって、慎んでいよう。8

神は、わたしたちを怒りにあわせるように定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによって救を得るように定められたのである。9

キリストがわたしたちのために死なれたのは、さめていても眠っていても、わたしたちが主と共に生きるためである。10

だから、あなたがたは、今しているように、互に慰め合い、相互の徳を高めなさい。11

兄弟たちよ。わたしたちはお願いする。どうか、あなたがたの間で労し、主にあってあなたがたを指導し、かつ訓戒している人々を重んじ、12

彼らの働きを思って、特に愛し敬いなさい。互に平和に過ごしなさい。13

兄弟たちよ。あなたがたにお勧めする。怠惰な者を戒め、小心な者を励まし、弱い者を助け、すべての人に対して寛容でありなさい。14

だれも悪をもって悪に報いないように心がけ、お互に、またみんなに対して、いつも善を追い求めなさい。15

いつも喜んでいなさい。16

絶えず祈りなさい。17

すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。18

御霊を消してはいけない。19

預言を軽んじてはならない。20

すべてのものを識別して、良いものを守り、21

あらゆる種類の悪から遠ざかりなさい。22

どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全くきよめて下さるように。また、あなたがたの霊と心とからだとを完全に守って、わたしたちの主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのない者にして下さるように。23

あなたがたを召されたかたは真実であられるから、このことをして下さるであろう。24

兄弟たちよ。わたしたちのためにも、祈ってほしい。25

すべての兄弟たちに、きよい接吻をもって、よろしく伝えてほしい。26

わたしは主によって命じる。この手紙を、みんなの兄弟に読み聞かせなさい。27

わたしたちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがたと共にあるように。28