創世記 1章

はじめに神は天と地とを創造された。1

地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。2

神は「光あれ」と言われた。すると光があった。3

神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。4

神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。5

神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」。6

そのようになった。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。7

神はそのおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第二日である。8

神はまた言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」。そのようになった。9

神はそのかわいた地を陸と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神は見て、良しとされた。10

神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。そのようになった。11

地は青草と、種類にしたがって種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ木とをはえさせた。神は見て、良しとされた。12

夕となり、また朝となった。第三日である。13

神はまた言われた、「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、14

天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。そのようになった。15

神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。16

神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、17

昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた。神は見て、良しとされた。18

夕となり、また朝となった。第四日である。19

神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。20

神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。

神は見て、良しとされた。21

神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。22

夕となり、また朝となった。第五日である。23

神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった。24

神は地の獣を種類にしたがい、家畜を種類にしたがい、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた。神は見て、良しとされた。25

神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。26

神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。27

神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。28

神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう。29

また地のすべての獣、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。30

神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。31