イザヤ書 23章

1ツロについての託宣。

タルシシのもろもろの船よ、泣き叫べ、
ツロは荒れすたれて、家なく、
船泊まりする港もないからだ。
この事はクプロの地から彼らに告げ知らせられる。

2海べに住む民よ、
シドンの商人よ、もだせ、
あなたがたの使者は海を渡り、
大いなる水の上にあった。
3ツロの収入はシホルの穀物、
ナイル川の収穫であった。
ツロはもろもろの国びとの商人であった。
4シドンよ、恥じよ、
海は言った、海の城は言う、
「わたしは苦しまず、また産まなかった。
わたしは若い男子を養わず、
また処女を育てなかった」。
5この報道がエジプトに達するとき、
彼らはツロについての報道によって、いたく苦しむ。

6タルシシに渡れ、
海べに住む民よ、泣き叫べ。
7これがその起源も古い町、
自分の足で移り、遠くにまで移住した町、
あなたがたの喜び誇る町なのか。

8ツロにむかってこれを定めたのはだれか。
ツロは冠を授けた町、
その商人は君たち、
その貿易業者は地の尊い人々であった。
9万軍の主はすべての栄光の誇を汚し、
地のすべての尊い者をはずかしめるために
これを定められたのだ。

10タルシシの娘よ、
ナイル川のようにおのが地にあふれよ。
もはや束縛するものはない。
11主はその手を海の上に伸べて
国々を震い動かされた。
主はカナンについて詔を出し、
そのとりでをこわされた。
12主は言われた、
「しえたげられた処女シドンの娘よ、
あなたはもはや喜ぶことはない。
立って、クプロに渡れ、
そこでもあなたは安息を得ることはない」。

13カルデヤびとの国を見よ、アッスリヤではなく、この民がツロを野の獣のすみかに定めた。彼らはやぐらを建て、もろもろの宮殿をこわして荒塚とした。

14タルシシのもろもろの船よ、泣き叫べ、
あなたがたのとりでは荒れすたれたから。

15その日、ツロはひとりの王のながらえる日と同じく七十年の間忘れられ、七十年終って後、ツロは遊女の歌のようになる、

16「忘れられた遊女よ、
琴を執って町を経めぐり、
巧みに弾じ、多くの歌をうたって、
人に思い出されよ」。

17七十年終って後、主はツロを顧みられる。ツロは再び淫行の価を得て、地のおもてにある世のすべての国々と姦淫を行い、18その商品とその価とは主にささげられる。これはたくわえられることなく、積まれることなく、その商品は主の前に住む者のために豊かな食物となり、みごとな衣服となる。

TAGS: