イザヤ書 38章

1そのころヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。

アモツの子預言者イザヤは彼のところに来て言った、「主はこう仰せられます、あなたの家を整えておきなさい。あなたは死にます、生きながらえることはできません」。

2そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて主に祈って言った、3「ああ主よ、願わくは、わたしが真実と真心とをもって、み前に歩み、あなたの目にかなう事を行ったのを覚えてください」。

そしてヒゼキヤはひどく泣いた。

4その時主の言葉がイザヤに臨んで言った、5「行って、ヒゼキヤに言いなさい、『あなたの父ダビデの神、主はこう仰せられます、「わたしはあなたの祈を聞いた。あなたの涙を見た。見よ、わたしはあなたのよわいを十五年増そう。6わたしはあなたと、この町とをアッスリヤの王の手から救い、この町を守ろう」。7主が約束されたことを行われることについては、あなたは主からこのしるしを得る。8見よ、わたしはアハズの日時計の上に進んだ日影を十度退かせよう』」。

すると日時計の上に進んだ日影が十度退いた。

9次の言葉はユダの王ヒゼキヤが病気になって、その病気が直った後、書きしるしたものである。

10わたしは言った、わたしはわが一生のまっ盛りに、
去らなければならない。
わたしは陰府の門に閉ざされて、
わが残りの年を失わなければならない。
11わたしは言った、わたしは生ける者の地で、
主を見ることなく、
世におる人々のうちに、再び人を見ることがない。
12わがすまいは抜き去られて
羊飼の天幕のようにわたしを離れる。
わたしは、わが命を機織りのように巻いた。
彼はわたしを機から切り離す。
あなたは朝から夕までの間に、わたしを滅ぼされる。
13わたしは朝まで叫んだ。
主はししのようにわが骨をことごとく砕かれる。
あなたは朝から夕までの間に、わたしを滅ぼされる。
14わたしは、つばめのように、つるのように鳴き、
はとのようにうめき、
わが目は上を見て衰える。
主よ、わたしは、しえたげられています。
どうか、わたしの保証人となってください。
15しかし、わたしは何を言うことができましょう。
主はわたしに言われ、
かつ、自らそれをなされたからである。
わが魂の苦しみによって、
わが眠りはことごとく逃げ去った。
16主よ、これらの事によって人は生きる。
わが霊の命もすべてこれらの事による。
どうか、わたしをいやし、
わたしを生かしてください。
17見よ、わたしが大いなる苦しみにあったのは、
わが幸福のためであった。
あなたはわが命を引きとめて、
滅びの穴をまぬかれさせられた。
これは、あなたがわが罪をことごとく、
あなたの後に捨てられたからである。
18陰府は、あなたに感謝することはできない。
死はあなたをさんびすることはできない。
墓にくだる者は、
あなたのまことを望むことはできない。
19ただ生ける者、生ける者のみ、
きょう、わたしがするように、あなたに感謝する。
父はあなたのまことを、その子らに知らせる。
20主はわたしを救われる。
われわれは世にあるかぎり、
主の家で琴にあわせて、歌をうたおう。

21イザヤは言った、「干いちじくのひとかたまりを持ってこさせ、それを腫物につけなさい。そうすれば直るでしょう」。

22ヒゼキヤはまた言った、「わたしが主の家に上ることについて、どんなしるしがありましょうか」。

TAGS: