ローマ人への手紙 3章

では、ユダヤ人のすぐれている点は何か。また割礼の益は何か。1

それは、いろいろの点で数多くある。まず第一に、神の言が彼らにゆだねられたことである。2

すると、どうなるのか。もし、彼らのうちに不真実の者があったとしたら、その不真実によって、神の真実は無になるであろうか。3

断じてそうではない。あらゆる人を偽り者としても、神を真実なものとすべきである。それは、「あなたが言葉を述べるときは、義とせられ、あなたがさばきを受けるとき、勝利を得るため」と書いてあるとおりである。4

しかし、もしわたしたちの不義が、神の義を明らかにするとしたら、なんと言うべきか。怒りを下す神は、不義であると言うのか(これは人間的な言い方ではある)。5

断じてそうではない。もしそうであったら、神はこの世を、どうさばかれるだろうか。6

しかし、もし神の真実が、わたしの偽りによりいっそう明らかにされて、神の栄光となるなら、どうして、わたしはなおも罪人としてさばかれるのだろうか。7

むしろ、「善をきたらせるために、わたしたちは悪をしようではないか」(わたしたちがそう言っていると、ある人々はそしっている)。彼らが罰せられるのは当然である。8

すると、どうなるのか。わたしたちには何かまさったところがあるのか。絶対にない。ユダヤ人もギリシヤ人も、ことごとく罪の下にあることを、わたしたちはすでに指摘した。9

次のように書いてある、「義人はいない、ひとりもいない。10

悟りのある人はいない、神を求める人はいない。11

すべての人は迷い出て、ことごとく無益なものになっている。善を行う者はいない、ひとりもいない。12

彼らののどは、開いた墓であり、彼らは、その舌で人を欺き、彼らのくちびるには、まむしの毒があり、13

彼らの口は、のろいと苦い言葉とで満ちている。14

彼らの足は、血を流すのに速く、15

彼らの道には、破壊と悲惨とがある。16

そして、彼らは平和の道を知らない。17

彼らの目の前には、神に対する恐れがない」。18

さて、わたしたちが知っているように、すべて律法の言うところは、律法のもとにある者たちに対して語られている。それは、すべての口がふさがれ、全世界が神のさばきに服するためである。19

なぜなら、律法を行うことによっては、すべての人間は神の前に義とせられないからである。律法によっては、罪の自覚が生じるのみである。20

しかし今や、神の義が、律法とは別に、しかも律法と預言者とによってあかしされて、現された。21

それは、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。そこにはなんらの差別もない。22

すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、23

彼らは、価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされるのである。24

神はこのキリストを立てて、その血による、信仰をもって受くべきあがないの供え物とされた。それは神の義を示すためであった。すなわち、今までに犯された罪を、神は忍耐をもって見のがしておられたが、25

それは、今の時に、神の義を示すためであった。こうして、神みずからが義となり、さらに、イエスを信じる者を義とされるのである。26

すると、どこにわたしたちの誇があるのか。全くない。なんの法則によってか。行いの法則によってか。そうではなく、信仰の法則によってである。27

わたしたちは、こう思う。人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるのである。28

それとも、神はユダヤ人だけの神であろうか。また、異邦人の神であるのではないか。確かに、異邦人の神でもある。29

まことに、神は唯一であって、割礼のある者を信仰によって義とし、また、無割礼の者をも信仰のゆえに義とされるのである。30

すると、信仰のゆえに、わたしたちは律法を無効にするのであるか。断じてそうではない。えって、それによって律法を確立するのである。31