ヨブ記 11章

1そこでナアマびとゾパルは答えて言った、

2「言葉が多ければ、答なしにすまされるだろうか。
口の達者な人は義とされるだろうか。
3あなたのむなしい言葉は人を沈黙させるだろうか。
あなたがあざけるとき、
人はあなたを恥じさせないだろうか。
4あなたは言う、『わたしの教は正しい、
わたしは神の目に潔い』と。
5どうぞ神が言葉を出し、
あなたにむかってくちびるを開き、
6知恵の秘密をあなたに示されるように。
神はさまざまの知識をもたれるからである。
それであなたは知るがよい、神はあなたの罪よりも
軽くあなたを罰せられることを。
7あなたは神の深い事を窮めることができるか。
全能者の限界を窮めることができるか。
8それは天よりも高い、あなたは何をなしうるか。
それは陰府よりも深い、あなたは何を知りうるか。
9その量は地よりも長く、海よりも広い。
10彼がもし行きめぐって人を捕え、
さばきに召し集められるとき、
だれが彼をはばむことができよう。
11彼は卑しい人間を知っておられるからだ。
彼は不義を見る時、
これに心をとめられぬであろうか。
12しかし野ろばの子が人として生れるとき、
愚かな者も悟りを得るであろう。
13もしあなたが心を正しくするならば、
神に向かって手を伸べるであろう。
14もしあなたの手に不義があるなら、それを遠く去れ、
あなたの天幕に悪を住まわせてはならない。
15そうすれば、あなたは恥じることなく
顔をあげることができ、
堅く立って、恐れることはない。
16あなたは苦しみを忘れ、
あなたのこれを覚えることは、
流れ去った水のようになる。
17そしてあなたの命は真昼よりも光り輝き、
たとい暗くても朝のようになる。
18あなたは望みがあるゆえに安んじ、
保護されて安らかにいこうことができる。
19あなたは伏してやすみ、
あなたを恐れさせるものはない。
多くの者はあなたの好意を求めるであろう。
20しかし悪しき者の目は衰える。
彼らは逃げ場を失い、
その望みは息の絶えるにひとしい」。

TAGS: