ヨブ記 17章

1わが霊は破れ、わが日は尽き、
墓はわたしを待っている。
2まことにあざける者どもはわたしのまわりにあり、
わが目は常に彼らの侮りを見る。
3どうか、あなた自ら保証となられるように。
ほかにだれがわたしのために
保証となってくれる者があろうか。
4あなたは彼らの心を閉じて、
悟ることのないようにされた。
それゆえ、彼らに勝利を得させられるはずはない。

5分け前を得るために友を訴えるものは、
その子らの目がつぶれるであろう。
6彼はわたしを民の笑い草とされた。
わたしは顔につばきされる者となる。
7わが目は憂いによってかすみ、
わがからだはすべて影のようだ。
8正しい者はこれに驚き、
罪なき者は神を信ぜぬ者に対して憤る。
9それでもなお正しい者はその道を堅く保ち、
潔い手をもつ者はますます力を得る。
10しかし、あなたがたは皆再び来るがよい、
わたしはあなたがたのうちに賢い者を見ないのだ。

11わが日は過ぎ去り、わが計りごとは敗れ、
わが心の願いも敗れた。
12彼らは夜を昼に変える。
彼らは言う、『光が暗やみに近づいている』と。
13わたしがもし陰府をわたしの家として望み、
暗やみに寝床をのべ、
14穴に向かって『あなたはわたしの父である』と言い、
うじに向かって『あなたはわたしの母、
わたしの姉妹である』と言うならば、
15わたしの望みはどこにあるか、
だれがわたしの望みを見ることができようか。
16これは下って陰府の関門にいたり、
われわれは共にちりに下るであろうか」。

TAGS: