ヨブ記 30章

1しかし今はわたしよりも年若い者が、
かえってわたしをあざ笑う。
彼らの父はわたしが卑しめて、
群れの犬と一緒にさえしなかった者だ。
2彼らの手の力からわたしは何を得るであろうか、
彼らはその気力がすでに衰えた人々だ。
3彼らは乏しさと激しい飢えとによって、
かわいた荒れ地をかむ。
4彼らは、ぜにあおいおよび灌木の葉を摘み、
れだまの根をもって身を暖める。
5彼らは人々の中から追いだされ、
盗びとを追うように、人々は彼らを追い呼ばわる。
6彼らは急流の谷間に住み、
土の穴または岩の穴におり、
7灌木の中にいななき、いらくさの下に押し合う。
8彼らは愚かな者の子、また卑しい者の子であって、
国から追いだされた者だ。

9それなのに、わたしは今彼らの歌となり、
彼らの笑い草となった。
10彼らはわたしをいとい、遠くわたしをはなれ、
わたしの顔につばきすることも、ためらわない。
11神がわたしの綱を解いて、
わたしを卑しめられたので、
彼らもわたしの前に慎みを捨てた。
12このともがらはわたしの右に立ち上がり、
わたしを追いのけ、
わたしにむかって滅びの道を築く。
13彼らはわたしの道をこわし、わたしの災を促す。
これをさし止める者はない。
14彼らは広い破れ口からはいるように進みきたり、
破壊の中をおし寄せる。
15恐ろしい事はわたしに臨み、
わたしの誉は風のように吹き払われ、
わたしの繁栄は雲のように消えうせた。
16今は、わたしの魂はわたしの内にとけて流れ、
悩みの日はわたしを捕えた。
17夜はわたしの骨を激しく悩まし、
わたしをかむ苦しみは、やむことがない。
18それは暴力をもって、わたしの着物を捕え、
はだ着のえりのように、わたしをしめつける。
19神がわたしを泥の中に投げ入れられたので、
わたしはちり灰のようになった。

20わたしがあなたにむかって呼ばわっても、
あなたは答えられない。
わたしが立っていても、あなたは顧みられない。
21あなたは変って、わたしに無情な者となり、
み手の力をもってわたしを攻め悩まされる。
22あなたはわたしを揚げて風の上に乗せ、
大風のうなり声の中に、もませられる。
23わたしは知っている、あなたはわたしを死に帰らせ、
すべての生き物の集まる家に帰らせられることを。

24さりながら荒塚の中にある者は、
手を伸べないであろうか、
災の中にある者は助けを呼び求めないであろうか。
25わたしは苦しい日を送る者のために
泣かなかったか。
わたしの魂は貧しい人のために
悲しまなかったか。
26しかしわたしが幸を望んだのに災が来た。
光を待ち望んだのにやみが来た。
27わたしのはらわたは沸きかえって、静まらない。
悩みの日がわたしに近づいた。
28わたしは日の光によらずに黒くなって歩き、
公会の中に立って助けを呼び求める。
29わたしは山犬の兄弟となり、
だちょうの友となった。
30わたしの皮膚は黒くなって、はげ落ち、
わたしの骨は熱さによって燃え、
31わたしの琴は悲しみの音となり、
わたしの笛は泣く者の声となった。

TAGS: