雅歌 3章

1わたしは夜、床の上で、
わが魂の愛する者をたずねた。
わたしは彼をたずねたが、見つからなかった。
わたしは彼を呼んだが、答がなかった。
2「わたしは今起きて、町をまわり歩き、
街路や広場で、わが魂の愛する者をたずねよう」と、
彼をたずねたが、見つからなかった。

3町をまわり歩く夜回りたちに出会ったので、
「あなたがたは、
わが魂の愛する者を見ましたか」と尋ねた。

4わたしが彼らと別れて行くとすぐ、
わが魂の愛する者に出会った。
わたしは彼を引き留めて行かせず、
ついにわが母の家につれて行き、
わたしを産んだ者のへやにはいった。

5エルサレムの娘たちよ、
わたしは、かもしかと野の雌じかをさして、
あなたがたに誓い、お願いする、
愛のおのずから起るときまでは、
ことさらに呼び起すことも、
さますこともしないように。

6没薬、乳香など、商人のもろもろの香料をもって、
かおりを放ち、
煙の柱のように、荒野から上って来るものは何か。

7見よ、あれはソロモンの乗物で、
六十人の勇士がそのまわりにいる。
イスラエルの勇士で、
8皆、つるぎをとり、戦いをよくし、
おのおの腰に剣を帯びて、
夜の危険に備えている。

9ソロモン王はレバノンの木をもって、
自分のために輿をつくった。
10その柱は銀、そのうしろは金、
その座は紫の布でつくった。
その内部にはエルサレムの娘たちが、
愛情をこめてつくった物を張りつけた。

11シオンの娘たちよ、出てきてソロモン王を見よ。
彼は婚姻の日、心の喜びの日に、
その母の彼にかぶらせた冠をいただいている。

TAGS: