雅歌 5章

1わが妹、わが花嫁よ、
わたしはわが園にはいって、わが没薬と香料とを集め、
わが蜜蜂の巣と、蜜とを食べ、
わがぶどう酒と乳とを飲む。

友らよ、食らえ、飲め、
愛する人々よ、大いに飲め。

2わたしは眠っていたが、心はさめていた。
聞きなさい、わが愛する者が戸をたたいている。
「わが妹、わが愛する者、
わがはと、わが全き者よ、あけてください。
わたしの頭は露でぬれ、
わたしの髪の毛は夜露でぬれている」と言う。

3わたしはすでに着物を脱いだ、
どうしてまた着られようか。
すでに足を洗った、
どうしてまた、よごせようか。
4わが愛する者が掛けがねに手をかけたので、
わが心は内におどった。
5わたしが起きて、
わが愛する者のためにあけようとしたとき、
わたしの手から没薬がしたたり、
わたしの指から没薬の液が流れて、
貫の木の取手の上に落ちた。

6わたしはわが愛する者のために開いたが、
わが愛する者はすでに帰り去った。
彼が帰り去ったとき、わが心は力を失った。
わたしは尋ねたけれども見つからず、
呼んだけれども答がなかった。
7町をまわり歩く夜回りらは
わたしを見ると、撃って傷つけ、
城壁を守る者らは、わたしの上着をはぎ取った。

8エルサレムの娘たちよ、
わたしはあなたがたに誓って、お願いする。
もしわが愛する者を見たなら、
わたしが愛のために病みわずらっていると、
彼に告げてください。

9女のうちの最も美しい者よ、
あなたの愛する者は、ほかの人の愛する者に、
なんのまさるところがあるか。
あなたの愛する者は、ほかの人の愛する者に、
なんのまさるところがあって、
そのように、わたしたちに誓い、願うのか。

10わが愛する者は白く輝き、かつ赤く、
万人にぬきんで、
11その頭は純金のように、
その髪の毛はうねっていて、からすのように黒い。
12その目は泉のほとりのはとのように、
乳で洗われて、良く落ち着いている。
13そのほおは、かんばしい花の床のように、
かおりを放ち、
そのくちびるは、ゆりの花のようで、没薬の液をしたたらす。
14その手は宝石をはめた金の円筒のごとく、
そのからだはサファイヤをもっておおった
象牙の細工のごとく、
15その足のすねは金の台の上に
すえた大理石の柱のごとく、
その姿はレバノンのごとく、香柏のようで、美しい。
16その言葉は、はなはだ美しく、
彼はことごとく麗しい。
エルサレムの娘たちよ、
これがわが愛する者、これがわが友なのです。

TAGS: