雅歌 8章

1どうか、あなたは、
わが母の乳ぶさを吸った
わが兄弟のようになってください。
わたしがそとであなたに会うとき、
あなたに口づけしても、
だれもわたしをいやしめないでしょう。
2わたしはあなたを導いて、わが母の家に行き、
わたしを産んだ者のへやにはいり、
香料のはいったぶどう酒、ざくろの液を、
あなたに飲ませましょう。
3どうか、彼の左の手がわたしの頭の下にあり、
右の手がわたしを抱いてくれるように。

4エルサレムの娘たちよ、
わたしはあなたがたに誓い、お願いする、
愛のおのずから起るときまでは、
ことさらに呼び起すことも、
さますこともしないように。

5自分の愛する者によりかかって、
荒野から上って来る者はだれですか。

りんごの木の下で、わたしはあなたを呼びさました。
あなたの母上は、かしこで、
あなたのために産みの苦しみをなし、
あなたの産んだ者が、かしこで産みの苦しみをした。

6わたしをあなたの心に置いて印のようにし、
あなたの腕に置いて印のようにしてください。

愛は死のように強く、
ねたみは墓のように残酷だからです。
そのきらめきは火のきらめき、最もはげしい炎です。
7愛は大水も消すことができない、
洪水もおぼれさせることができない。
もし人がその家の財産をことごとく与えて、
愛に換えようとするならば、
いたくいやしめられるでしょう。

8わたしたちに小さい妹がある、まだ乳ぶさがない。
わたしたちの妹に縁談のある日には、
彼女のために何をしてやろうか。
9彼女が城壁であるなら、その上に銀の塔を建てよう。
彼女が戸であるなら、香柏の板でそれを囲もう。

10わたしは城壁、わたしの乳ぶさは、
やぐらのようでありました。
それでわたしは彼の目には、
平和をもたらす者のようでありました。

11ソロモンはバアルハモンにぶどう園をもっていた。
彼はぶどう園を、守る者どもにあずけて、
おのおのその実のために銀一千を納めさせた。
12わたしのものであるぶどう園は、わたしの前にある。
ソロモンよ、あなたは一千を獲るでしょう、
その実を守る者どもは二百を獲るでしょう。

13園の中に住む者よ、
わたしの友だちはあなたの声に耳を傾けます、
どうぞ、それをわたしに聞かせてください。

14わが愛する者よ、急いでください。
かんばしい山々の上で、かもしかのように、
また若い雄じかのようになってください。

TAGS: