雅歌 6章

1女のうちの最も美しい者よ、
あなたの愛する者はどこへ行ったか。
あなたの愛する者はどこへおもむいたか。
わたしたちはあなたと一緒にたずねよう。

2わが愛する者は園の中で、群れを飼い、
またゆりの花を取るために自分の園に下り、
かんばしい花の床へ行きました。

3わたしはわが愛する人のもの、
わが愛する者はわたしのものです。
彼はゆりの花の中で、その群れを飼っています。

4わが愛する者よ、あなたは美しいことテルザのごとく、
麗しいことエルサレムのごとく、
恐るべきこと旗を立てた軍勢のようだ。
5あなたの目はわたしを恐れさせるゆえ、
わたしからそむけてください。
あなたの髪はギレアデの山を下る
やぎの群れのようだ。
6あなたの歯は洗い場から上ってきた
雌羊の群れのようだ。
みな二子を産んで、一匹も子のないものはない。
7あなたのほおは顔おおいのうしろにあって、
ざくろの片われのようだ。

8王妃は六十人、そばめは八十人、
また数しれぬおとめがいる。
9わがはと、わが全き者はただひとり、
彼女は母のひとり子、彼女を産んだ者の最愛の者だ。
おとめたちは彼女を見て、さいわいな者ととなえ、
王妃たち、そばめたちもまた、彼女を見て、ほめた。

10「このしののめのように見え、
月のように美しく、太陽のように輝き、
恐るべき事、旗を立てた軍勢のような者はだれか」。

11わたしは谷の花を見、ぶどうが芽ざしたか、
ざくろの花が咲いたかを見ようと、
くるみの園へ下っていった。
12わたしの知らないうちに、わたしの思いは、
わたしを車の中のわが君のかたわらにおらせた。

13帰れ、帰れ、シュラムの女よ、
帰れ、帰れ、わたしたちはあなたを見たいものだ。
あなたがたはどうしてマハナイムの踊りを見るように
シュラムの女を見たいのか。

TAGS: