雅歌 7章

1女王のような娘よ、
あなたの足は、くつの中にあって、
なんと麗しいことであろう。
あなたのももは、まろやかで、玉のごとく、
名人の手のわざのようだ。

2あなたのほぞは、
混ぜたぶどう酒を欠くことのない丸い杯のごとく、
あなたの腹は、
ゆりの花で囲まれた山盛りの麦のようだ。
3あなたの両乳ぶさは、
かもしかの二子である二匹の子じかのようだ。
4あなたの首は象牙のやぐらのごとく、
あなたの目は、バテラビムの門のほとりにある
ヘシボンの池のごとく、
あなたの鼻は、ダマスコを見おろす
レバノンのやぐらのようだ。
5あなたの頭は、カルメルのようにあなたを飾り、
髪の毛は紫色のようで、王はそのたれ髪に捕われた。
6愛する者よ、快活なおとめよ、
あなたはなんと美しく愛すべき者であろう。
7あなたはなつめやしの木のように威厳があり、
あなたの乳ぶさはそのふさのようだ。
8わたしは言う、「このなつめやしの木にのぼり、
その枝に取りつこう。
どうか、あなたの乳ぶさが、ぶどうのふさのごとく、
あなたの息のにおいがりんごのごとく、
9あなたの口づけが、
なめらかに流れ下る良きぶどう酒のごとく、
くちびると歯の上をすべるように」と。

10わたしはわが愛する人のもの、
彼はわたしを恋い慕う。
11わが愛する者よ、
さあ、わたしたちはいなかへ出ていって、
村里に宿りましょう。
12わたしたちは早く起き、ぶどう園へ行って、
ぶどうの木が芽ざしたか、ぶどうの花が咲いたか、
ざくろが花咲いたかを見ましょう。
その所で、わたしはわが愛をあなたに与えます。
13恋なすは、かおりを放ち、
もろもろの良きくだものは、
新しいのも古いのも
共にわたしたちの戸の上にある。
わが愛する者よ、
わたしはこれをあなたのためにたくわえました。

TAGS: