詩篇 100篇

感謝の供え物のための歌

1全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。
2喜びをもって主に仕えよ。
歌いつつ、そのみ前にきたれ。
3主こそ神であることを知れ。
われらを造られたものは主であって、
われらは主のものである。
われらはその民、その牧の羊である。

4感謝しつつ、その門に入り、
ほめたたえつつ、その大庭に入れ。
主に感謝し、そのみ名をほめまつれ。
5主は恵みふかく、そのいつくしみはかぎりなく、
そのまことはよろず代に及ぶからである。

TAGS: