詩篇 55篇

聖歌隊の指揮者によって琴をもってうたわせたダビデのマスキールの歌

1神よ、わたしの祈に耳を傾けてください。
わたしの願いを避けて身を隠さないでください。
2わたしにみこころをとめ、わたしに答えてください。

わたしは悩みによって弱りはて、
3敵の声と、悪しき者のしえたげとによって
気が狂いそうです。
彼らはわたしに悩みを臨ませ、
怒ってわたしを苦しめるからです。
4わたしの心はわがうちにもだえ苦しみ、
死の恐れがわたしの上に落ちました。
5恐れとおののきがわたしに臨み、
はなはだしい恐れがわたしをおおいました。
6わたしは言います、
「どうか、はとのように翼をもちたいものだ。
そうすればわたしは飛び去って安きを得るであろう。
7わたしは遠くのがれ去って、野に宿ろう。〔セラ
8わたしは急ぎ避難して、
はやてとあらしをのがれよう」と。

9主よ、彼らのはかりごとを打ち破ってください。
彼らの舌を混乱させてください。
わたしは町のうちに暴力と争いとを見るからです。
10彼らは昼も夜も町の城壁の上を歩きめぐり、
町のうちには害悪と悩みとがあります。
11また滅ぼす事が町のうちにあり、
しえたげと欺きとはその市場を
離れることがありません。

12わたしをののしる者は敵ではありません。
もしそうであるならば忍ぶことができます。
わたしにむかって高ぶる者はあだではありません。
もしそうであるならば身を隠して
彼を避けることができます。
13しかしそれはあなたです、わたしと同じ者、
わたしの同僚、わたしの親しい友です。
14われらはたがいに楽しく語らい、
つれだって神の宮に上りました。

15どうぞ、死を彼らに臨ませ、
生きたままで陰府に下らせ、
恐れをもって彼らを墓に去らせてください。
16しかしわたしが神に呼ばわれば、
主はわたしを救われます。
17夕べに、あしたに、真昼にわたしが嘆きうめけば、
主はわたしの声を聞かれます。
18たといわたしを攻める者が多くとも、
主はわたしがたたかう戦いから
わたしを安らかに救い出されます。
19昔からみくらに座しておられる神は
聞いて彼らを悩まされるでしょう。〔セラ
彼らはおきてを守らず、神を恐れないからです。
20わたしの友はその親しき者に手を伸ばして、
その契約を破った。
21その口は牛酪よりもなめらかだが、
その心には戦いがある。
その言葉は油よりもやわらかだが、
それは抜いたつるぎである。

22あなたの荷を主にゆだねよ。
主はあなたをささえられる。
主は正しい人の動かされるのを決してゆるされない。

23しかし主よ、あなたは彼らを
滅びの穴に投げ入れられます。
血を流す者と欺く者とは
おのが日の半ばも生きながらえることはできません。
しかしわたしはあなたに寄り頼みます。

TAGS: