詩篇 92篇

安息日の歌、さんび

1いと高き者よ、主に感謝し、
み名をほめたたえるのは、よいことです。
2あしたに、あなたのいつくしみをあらわし、
夜な夜な、あなたのまことをあらわすために、
3十弦の楽器と立琴を用い、
琴のたえなる調べを用いるのは、よいことです。

4主よ、あなたはみわざをもって
わたしを楽しませられました。
わたしはあなたのみ手のわざを喜び歌います。
5主よ、あなたのみわざは
いかに大いなることでしょう。
あなたのもろもろの思いは、いとも深く、
6鈍い者は知ることができず、
愚かな者はこれを悟ることができません。

7たとい、悪しき者は草のようにもえいで、
不義を行う者はことごとく栄えても、
彼らはとこしえに滅びに定められているのです。
8しかし、主よ、あなたはとこしえに
高き所にいらせられます。
9主よ、あなたの敵、あなたの敵は滅び、
不義を行う者はことごとく散らされるでしょう。
10しかし、あなたはわたしの角を
野牛の角のように高くあげ、
新しい油をわたしに注がれました。
11わたしの目はわが敵の没落を見、
わたしの耳はわたしを攻める悪者どもの
破滅を聞きました。

12正しい者はなつめやしの木のように栄え、
レバノンの香柏のように育ちます。
13彼らは主の家に植えられ、
われらの神の大庭に栄えます。
14彼らは年老いてなお実を結び、
いつも生気に満ち、青々として、
15主の正しいことを示すでしょう。
主はわが岩です。
主には少しの不義もありません。

TAGS: