詩篇 36篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせた主のしもべダビデの歌

1とがは悪しき者にむかい、その心のうちに言う。
その目の前に神を恐れる恐れはない。
2彼は自分の不義があらわされないため、
また憎まれないために、みずからその目でおもねる。
3その口の言葉はよこしまと欺きである。
彼は知恵を得ることと、善を行う事とをやめた。
4彼はその床の上でよこしまな事をたくらみ、
よからぬ道に身をおいて、悪をきらわない。

5主よ、あなたのいつくしみは天にまで及び、
あなたのまことは雲にまで及ぶ。
6あなたの義は神の山のごとく、
あなたのさばきは大きな淵のようだ。
主よ、あなたは人と獣とを救われる。
7神よ、あなたのいつくしみはいかに尊いことでしょう。
人の子らはあなたの翼のかげに避け所を得、
8あなたの家の豊かなのによって飽き足りる。
あなたはその楽しみの川の水を彼らに飲ませられる。
9いのちの泉はあなたのもとにあり、
われらはあなたの光によって光を見る。

10どうか、あなたを知る者に絶えずいつくしみを施し、
心の直き者に絶えず救を施してください。
11高ぶる者の足がわたしを踏み、
悪しき者の手がわたしを追い出すことを
ゆるさないでください。

12悪を行う者はそこに倒れ、
彼らは打ち伏せられて、起きあがることはできない。

TAGS: