詩篇 65篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌、さんび

1神よ、シオンにて、あなたをほめたたえることは
ふさわしいことである。
人はあなたに誓いを果すであろう。
2-3祈を聞かれる方よ、
すべての肉なる者は罪のゆえにあなたに来る。

われらのとががわれらに打ち勝つとき、
あなたはこれをゆるされる。
4あなたに選ばれ、あなたに近づけられて、
あなたの大庭に住む人はさいわいである。
われらはあなたの家、あなたの聖なる宮の
恵みによって飽くことができる。

5われらの救の神よ、
地のもろもろのはてと、遠き海の望みであるあなたは
恐るべきわざにより、
救をもってわれらに答えられる。
6あなたは大能を帯び、
そのみ力によって、もろもろの山を堅く立たせられる。
7あなたは海の響き、大波の響き、
もろもろの民の騒ぎを静められる。
8それゆえ、地のはてに住む人々も、
あなたのもろもろのしるしを見て恐れる。
あなたは朝と夕の出る所をして
喜び歌わせられる。

9あなたは地に臨んで、これに水をそそぎ、
これを大いに豊かにされる。
神の川は水で満ちている。
あなたはそのように備えして
彼らに穀物を与えられる。
10あなたはその田みぞを豊かにうるおし、
そのうねを整え、夕立ちをもってそれを柔らかにし、
そのもえ出るのを祝福し、
11またその恵みをもって年の冠とされる。
あなたの道にはあぶらがしたたる。
12野の牧場はしたたり、小山は喜びをまとい、
13牧場は羊の群れを着、
もろもろの谷は穀物をもっておおわれ、
彼らは喜び呼ばわって共に歌う。

TAGS: