詩篇 56篇

聖歌隊の指揮者によって、「遠き所におる音をたてぬはと」のしらべにあわせてうたわせたダビデのミクタムの歌。これはダビデがガテでペリシテびとに捕えられたときによんだもの

1神よ、どうかわたしをあわれんでください。
人々がわたしを踏みつけ、
あだする人々がひねもすわたしをしえたげます。
2わたしの敵はひねもすわたしを踏みつけ、
誇りたかぶって、わたしと戦う者が多いのです。
3わたしが恐れるときは、あなたに寄り頼みます。
4わたしは神によって、そのみ言葉をほめたたえます。
わたしは神に信頼するゆえ、恐れることはありません。
肉なる者はわたしに何をなし得ましょうか。

5彼らはひねもすわたしの事を妨害し、
その思いはことごとくわたしにわざわいします。
6彼らは共に集まって身をひそめ、
わたしの歩みに目をとめ、
わたしのいのちをうかがい求めます。
7神よ、彼らにその罪を報い、
憤りをもってもろもろの民を倒してください。

8あなたはわたしのさすらいを数えられました。
わたしの涙をあなたの皮袋にたくわえてください。
これは皆あなたの書に
しるされているではありませんか。

9わたしが呼び求める日に、わたしの敵は退きます。
これによって神がわたしを守られることを知ります。
10わたしは神によってそのみ言葉をほめたたえ、
主によってそのみ言葉をほめたたえます。
11わたしは神に信頼するゆえ、恐れることはありません。
人はわたしに何をなし得ましょうか。

12神よ、わたしがあなたに立てた誓いは
果さなければなりません。
わたしは感謝の供え物をあなたにささげます。
13あなたはわたしの魂を死から救い、
わたしの足を守って倒れることなく、
いのちの光のうちで神の前に
わたしを歩ませられたからです。

TAGS: